ぼやき

2

IKEA のチェストを購入しました。 MALM チェスト(引き出し× 6 ) , ブラックブラウン , 80 × 123 cm というやつを 2 棹。

タンスにものが入らない


今、和室に夫の祖父母が使っていた整理ダンスが 2 棹鎮座しています。引っ越してくる前に「タンスは使うか?」と訊かれ、よく見もせずに「使う」と答えてしまったのですが、引っ越してきて実際に物を入れたら全然入らなかったのです。

義理の祖父母が使っていた整理ダンス

原因は引き出しの深さ。わたしは衣類を縦に並べてしまうのですが、浅すぎて立てて収納できないのです。それでもまだ薄い下着や T シャツなどは 2 つ折りにしさらに 3 つ折りにして、まるで丸めたようにして縦に並べて収納しているのですが、夫のトレーナーとなると縦に並べるのを諦め、横に寝かせて 2 つ折りにしても引き出しが閉まらず、べたーと広げてしまうのがしかないのです。引き出し 1 杯に 3 着しか入らないとか本当に勘弁です。あとシャツなんかはそこまで丸めるとシワがつくので、意に反しますが重ねて収納してます。

深さ 11cm 、有効内寸 12 cm

そんな整理ダンスの引き出しの深さは 11 cm でした。有効内寸を測っても 11.8 cm でした。もっと深い引き出しのタンスがほしい! ということで今回 IKEA のチェストを購入したのでした。

引き出しが深いチェストを探す


特に最初から IKEA のチェストがほしかったわけではありません。ここ何年か近くの家具屋さんを暇をみては見にいって、深い引き出しのチェストを探していたのですが、売っているチェストの引き出しはほとんど浅いのです。 12 〜 13 cm ほどで、たまに一番下の段だけ深くて 15 cm くらいです。深い引き出しだけのチェストって売ってないんですね。実店舗に見切りをつけ通販でも探しました。セシール、ベルメゾン、ニッセン、楽天など。セシールにヒノキ材で引き出し内寸の深さ 15 cm というのチェストiconがあったのですが、さすがにお値段が見合わなくて見送りました。ニッセンには引き出し深さ内寸が 15.5 cm のチェスト(現在は廃盤)がありましたが、白のプリント紙化粧合板なので見送り。プラスチック製の引き出し軽らくチェスト(現在は廃盤)とかも引き出しが深そうだったけれど、引き出し深さ内寸がどこにも書いていなかったし、プラスチックはやはりなしだろうということで却下。

引き出しが浅いのなら、今の引き出しを 2 杯を 1 杯にくっつけたら、深い引き出しの整理ダンスができるんじゃないか、と思ったのですが、引き出しの深さが 24 cm くらいになりそうなのでやめました。さすがに 24 cm は深すぎます。
→東日本放送:茂ちゃんと住まいの安心リフォーム「タンス改造計画 !!part2 」

そんなとき、うちの整理ダンスを見ていて何かににていることに気がつきました。それは和ダンス。着物をしまうあれです。日本で売っているタンスの引き出しの深さは日本の着物文化の和ダンスの影響が大きいのでしょうか。着物は紙に包んで重ねる感じで収納するので、引き出しが深いと不便なのです。日本も洋服文化になってタンスの引き出しが徐々に深くなってきたのだと思いますが、作っている職人さんの思い込みとか家具屋さんの常識とかで、深い引き出しのチェストが中々世にでなかったのではないか、と考えました。

ということは、日本ではない洋服文化の国がデザインしたタンスなら引き出しが深いのではないか、と推理し、北欧家具の IKEA に辿り着いたのです。無垢は無理でも最低突き板と思って IKEA のサイトを見ていたら、今の整理ダンスくらいの大きさのチェストが見つかりました。 MALM チェスト(引き出し × 6 )です。幅 80 × 高さ 123 cm で 5 段(一番上は半分の幅の引き出しが並んで 2 杯)なので、単純に計算したら引き出しの深さは 24.6 cm です。台輪や桟、天板などの長さを踏まえても日本で一般に売っているチェストより引き出しが深そうです。そして何より値段が安い!

IKEA のカスタマーセンターに引き出しの内寸を確認したところ、深さは 15.5 cm との回答をいただきました。思っていたより浅かったのですが、引き出しの横板の長さであって有効内寸はもう少しあるかもしれないと検索。 MALM チェストを購入した方のサイトを片っ端から見て、引き出しの側板と桟の間に 1.5 cm 程度の余裕があることを写真から確認しました。
→ 2nd Season : MALM 組み立てました!

そしてその際に古いタイプの MALM チェストは底板がたわむ可能性が高いというリスクを発見しました。その方は底板の裏にご自分で桟を渡していました。(現行品は対策されているようです。)
→ロボット人間の散歩道 MALM チェストの引出し底板の補強作戦実行

それを踏まえてもこの価格でこの深さのチェストが手に入れば御の字だろうということで購入することにしました。色は和風モダンっぽくブラックブラウンにすることにします。

近くに IKEA がないので代行業者を利用する


しかし問題が……、肝心の IKEA が近くにないのです。一番近いと思われる店舗で神奈川の港北か大阪の鶴浜。高速乗って店舗に着いたとしても、組み立て家具とはいえ、高さ 123 cm のチェストがうちのミラジーノに載るのか、かなり疑問です。たぶん無理でしょう。それぞれの店舗の配送エリアから外れているので、自分で持って帰る必要があるためです。( IKEA 店舗近くのヤマトの営業所に持ち込み、発送をしてもらうという手もあるみたいですが、そのヤマトの営業所まで乗せられるかも怪しいです。)来年の春頃には長久手に IKEA が出店するらしいですが、それまで待ってられません。整理ダンスがあるのに入らない衣服が床の間のある和室にまで進出し、夫が独身時代に使用していたプラスチック製の収納引き出しに収まっているのですから。どうにかしてこれらを撤去したいのです。

IKEA は通販を行っていないので、 IKEA に代行で買いにいってくれて発送してくれる、いわゆる代行業者を使うことにしました。代行業者もピンキリなので価格と問い合わせ時の対応から、よさそうな業者さんにお願いしました。商品の値段によって代行料金が決まり、さらに大型のものを複数個購入ならば、問い合わせすれば値引きしてくれるという良心対応です。

注文から 3 日でチェスト 2 棹が 4 つの梱包で到着しました。いざ組み立てです。

→ IKEA の家具の組立には普通のプラスドライバーを使ってはいけない
→ IKEA MALM チェストの組み立て

関連記事