ぼやき

0

OS 、アプリケーションのインストールを終え、初期設定やメール、ブックマークなんかを元に戻して、やっとヴァージョンアップ終了か、って思ったら、なんと Apple DVD Player がインストールされてない。ネットをあさってみたけど、単体のインストーラーなんて落ちてないし、インストール CD の中を探してみたけどない。
確か OS と一緒にインストールされるはず。今回、その他のアプリケーションをインストールしないでやったから Apple DVD Player もインストールされてないのかな、なんて疑問に思いつつも、もう一回 OS のインストールし直した。

で、その途中で思い出した。確か DVD ドライブが内蔵されていない状態で OS をインストールすると Apple DVD Player はインストールされないという話を。そうか、内蔵の DVD ドライブの調子が悪いからと外付けのドライブから作業を行っていたのが原因か。でも OS インストール作業を途中でやめるわけにもいかず、最後まで続行。そして、インストールされたものを見てみたけれど、 Apple DVD Player は存在しない。

システム・プロフィールで確認してみると ATA にはハードディスクしか繋がってない。認識すらされてない。やっぱりもう一度修理に出すしかないか。と思いつつ、再起動を繰り返すと何とか DVD ドライブを認識。そして今度は内蔵 DVD ドライブから OS のインストールを開始。ヤケに時間がかかる。
そしてなんとかで、 Apple DVD Player のインストールに成功。たかが、プレイヤー 1 つでこんなに苦労するとは思わなかったよ。

でも恨むべきは、修理に出したときついでに交換された DVD-ROM ドライブ。こいつ、新品のクセしてほぼ 9 割の確率でメディアをローディングしてくれない。また修理に出して 2 週間くらいパソコン使えないのは痛いよな、と思って保留にしたままなんだけど、修理箇所が壊れた場合は 3 か月以内なら無料修理だから早く修理に出さないと。

関連記事