0

今日は天気もよかったし風もなかったので、屋根に登ってアンテナの点検をしました。

そして今回も配線がゆるんでいるところを発見。どうやら F 栓をかしめる時の力が弱かったようですぽっと抜けてしました。これはいかん、というわけでペンチで締め直し。そしてアンテナ線が風で揺れるからこのようなことが起きるので各所でビニテでぐるぐる巻きにしてきた。

アンテナ滑り止めゴムをつけ目張り

そして、よく見たら、巨大アンテナ LS30 の位置が 1cm ほど下がっているのを発見。以前、位置合わせのために目張りしたので発見することができた。これも風で左右に振られて徐々に降下していたに違いない。

ただ元の位置に戻しただけではまた強風が吹き荒れたら同じことが起こる。ということで、滑り止めのゴムを巻き付けてアンテナを固定することにした。これは以前 LS30 の設置を調べているときに見たサイトに書いてあったのだ。ハンズで買った滑り止めゴムを 15cm ほど切って巻き付けようとして、どうせなら一番いい位置に固定したいと思い、バズーカアンテナを 20cm ずつ上げて、一番映りが悪い静岡朝日テレビの地デジでアンテナレベルをチェック。すると 20cm から 40cm くらいのところが一番いいみたいで 60cm を超すとアンテナレベルが下がった。で以前の取り付け位置より 40cm 上に滑り止めゴムを巻き付けアンテナを固定。滑る止めゴム自体がずれないようにビニテで固定。そして、位置がずれてないかチェックするための目張りのビニテも巻いた。アンテナが風見鶏状態にならないように留めていた支線も張り直して作業終了。

今日は電波状況が良好なのか静岡のあさひテレビもブロックノイズなしで映る。この状態が続けばいいのになぁ。海越え電波だから天候に左右されやすいんだよね。

関連記事

コメントを書く

トラックバック URL