ぼやき

0

さて先日、うちの NAS 、 QNAP TS-212 に搭載している HDD に不良ブロックが出たので、 NAS を 4 ベイのものに交換することを前提に 6 TB の HDD を注文しました。
→ QNAP TS-212 の HDD の異常とその交換のために検討したこと

注文した HDD は NAS 搭載用、バックアップ用ともに一昨日届いたのですが、 Amazon の梱包があまりにひどく返品手続きに手間取って、一昨日は作業をすることができませんでした。
→ Amazon から届いた HDD の梱包がスカスカ

返品作業もすんだのでバックアップを取るべく、 NTT-X Store から届いた HDD をバックアップ用として昨日設定をしたのですが、かなり四苦八苦したので記録に残しておきます。

バックアップ用 HDD を認識しない

バックアップ用に用意したのは WD Blue 6 TB WD60EZRZ-RT です。バックアップ用なので Red ではなく Blue にしました。 NTT-X Store で購入しました。

WD Blue 6TB WD60EZRZ-RT

これをあまり使っていなかった HDD ケースに入れて、 USB で TS-212 に接続しました。

TS-212	では	1.5TB	しか認識していない

コントロール・パネルから見てみると、なんと 1/4 の 1.5 TB しか認識されていません。そのまま ext4 でフォーマットしてみましたが、やはり 1.5 TB しか認識されませんでした。

おかしいのでイジェクトして Mac に接続しました。

Mac	に接続しても	1.6TB	と認識

ディスクユーティリティで見てみると、やはり 1.6 TB しか認識されていません。ディスクの故障か、と思ったのですが、ケースが悪いのではないかと思い、違うものに交換しました。使っていたケースは MARSHAL MAL-1835B/S だったのですが、 Century のスライディング裸族 CSDRU3B6G に交換しました。ホコリが気になるのできちんとしたケースがよかったのですが、動作確認なら問題ないでしょう。

ケースを変えたら	6TB	と認識した

こちらのケースしたら、 Mac で 6 TB と認識してくれました。なので TS-212 に接続してコントロール・パネルからフォーマットしようとしたのですが、 1.5 TB で一度フォーマットしてしまったからか、 6 TB とは認識されませんでした。

そこで再度 Mac に接続して exFAT でフォーマットしました。

exFAT	でフォーマットして	6TB	のパーティションを作成

きちんとパーティションも 6 TB になったので、再度 TS-212 に接続。フォーマットしてみるも、こんな感じになってうんともすんともいいません。

TS-212	に接続しフォーマットするとエラーになる

通知を見てみると、以下のようにエラーが出てフォーマットに失敗していることがわかりました。

[USBDisk2] Formatting failed.

再び Mac に接続し、今度は HFS+ でフォーマットして、 TS-212 に接続。

Mac	で	HFS+	にフォーマットしたら	TS-212	でも認識する

6 TB と認識しますが、 ext4 にフォーマットするとフォーマットに失敗し、なぜか Unknown になってしまうのです。

TS-212 が USB 接続で 6 TB の HDD を認識しないのかと疑いましたが、公式に WD My Book 6TB (WDBFJK0060HBK) も使用可能とあるので、 6 TB だからダメだというわけではないようです。
→ QNAP :互換性一覧 > 外部ストレージデバイス > TS-212 > 推奨

結局どうしたかというと、 Mac で一度名前を「 USBDisk2 」とし HFS+ でフォーマットし、それを仮想マシンの Ubuntu に接続し、コマンドを使って ext4 にフォーマットしました。 Mac でフォーマットした「名称未設定」のままでは Ubuntu でエラーになりました。

Mac	で名前を「	USBDisk2	」にし	HFS+	でフォーマット

Ubuntu で ext4 にフォーマット

Ubuntu でのフォーマットの仕方がわからなかったので下記を参考にしました。
→うれしいブログ: 2TB 以上のパーティションを作るには parted を使う( CentOS)

Ubuntu でフォーマットするために、まずはディスクの接続先を確認します。

$ sudo fdisk -l
(中略)
警告: GPT (GUID パーティションテーブル) が '/dev/sdb' に検出されました! この fdisk ユーティリティは GPT をサポートしません。GNU Parted を使ってください。


Disk /dev/sdb: 6001.2 GB, 6001175126016 bytes
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 729601, 合計 11721045168 セクタ
Units = セクタ数 of 1 * 512 = 512 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 4096 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 4096 バイト / 4096 バイト
ディスク識別子: 0x00000000

デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sdb1               1  4294967295  2147483647+  ee  GPT
パーティション 1 は物理セクタの境界で始まっていません:

「 /dev/sdb 」に接続されていることがわかりました。 6 TB の HDD なのでマスター・ブート・レコード( MBR )でパーティション管理できないので、 GUID パーティションテーブル( GPT )でフォーマットします。 fdisk では GUID パーティションテーブルが扱えないので GNU Parted を使います。

GNU Parted を起動します。

$ sudo parted /dev/sdb
GNU Parted 2.3
/dev/sdb を使用
GNU Parted へようこそ! コマンド一覧を見るには 'help' と入力してください。

パーティションを確認します。

(parted) p
モデル: WDC WD60 EZRZ-00GZ5B1 (scsi)
ディスク /dev/sdb: 6001GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/4096B
パーティションテーブル: gpt

番号  開始  終了  サイズ  ファイルシステム  名前  フラグ

パーティションを設定します。

(parted) mkpart primary ext4 0 -0
警告: 操作の結果できるパーティションはアライメントが正しくないためにパフォーマンスがでません。
無視(I)/Ignore/取消(C)/Cancel? i

パーティションがきちんと作れたか確認します。

(parted) p                                                                
モデル: WDC WD60 EZRZ-00GZ5B1 (scsi)
ディスク /dev/sdb: 6001GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/4096B
パーティションテーブル: gpt

番号  開始    終了    サイズ  ファイルシステム  名前     フラグ
 1    17.4kB  6001GB  6001GB                    primary

GNU Parted を終了します。

(parted) q
通知: 必要であれば /etc/fstab を更新するのを忘れないようにしてください。

ext4 でフォーマットします。

$ sudo mount -t ext4 /dev/sdb1 /mnt

確認します。

$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/sda1        19G  3.3G   15G  19% /
udev            494M  4.0K  494M   1% /dev
tmpfs           201M  808K  200M   1% /run
none            5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
none            501M  152K  501M   1% /run/shm
/dev/sdb1       5.5T  186M  5.2T   1% /mnt

/dev/sdb1 のパーティションが 5.5 T であることが確認できました。

TS-212 に接続し再度フォーマット

Ubuntu で ext4 でフォーマットした 6 TB の HDD を TS-212 に接続し、コントロール・パネルの外部デバイスにて確認しました。

Ubuntu	で	ext4	にフォーマットして	TS-212	で認識するが使用済みが多い

無事に認識しました。すぐにバックアップが取れる状態ですが、なぜか 323.67 GB も使用済みになっています。腑に落ちなかったので、再度 TS-212 でフォーマットしました。

再度	TS-212	で	ext4	にフォーマットしたら使用済みが減った

今度はきちんとフォーマットが終了し、使用済みが 22.39 GB まで減少しました。(それでも多いような気がしますが。)

QANP TS-212 で 6 TB の HDD のフォーマットが失敗した原因

TS-212 でのフォーマットが失敗した原因は下記が考えられます。

  • 6 TB に対応していないケースでフォーマットしてしまったため、マスター・ブート・レコードになってしまった
  • Mac でフォーマットしたときに、名前を 2 バイト文字でつけてしまった

6 TB と認識しなかった時点でフォーマットせず、ケースを違うものに変更していたらよかったかもしれません。また Mac でフォーマットするときに名前を「名称未設定」にしないことも大切です。 Ubuntu でなくても TS-212 でコマンドラインで操作できたかもしれません。

TS-212 にてバックアップの設定

「アプリケーション」の「バックアップマネージャ」の「外部ドライブ」を選択し、新しいバックアップ・ルールを作成しました。

バックアップのルールを設定しバックアップをスタート

アクションのスタートボタンをクリックしてバックアップを開始します。

バックアップを開始したが残り時間が	88	時間

残存時間は 88 時間とのこと。 3 日半はかかるということですね。ちなみにバックアップするデータの容量は 2.5 TB です。

10%	バックアップが完了した段階で残り時間は	39	時間

4 時間半後、 10 % バックアップが終了した段階では 39 時間とのこと。あと 1 日半くらいでバックアップが終わるでしょうか。 WD Red 6 TB を注文し直さないと。

関連記事