ぼやき

2

MD のパソコンへの転送作業をしながら、テレビを見ててちょっと気になったことがあったので、書いておく。

今日から始まった木村拓哉主演の『 MR. BRAIN 』では人はウソをつくとき論理的になことを考えるのに左脳を使うから無意識に右上を見るといっていた。
しかし、裏番組の「ザ・クイズショウ」のラストでは、人はウソをつくときに「左上を見る」といって本間役の横山裕が嘘を見破っていた。

この相反する理論、どっちが正しいんだろう。
右左は相対的なものだから、『 MR. BRAIN 』が嘘をつく人側で、『ザ・クイズショウ』が嘘を見破る人側だったら、両方成り立つけど、だとすると、『ザ・クイズショウ』のラストで堀内健が自分から見て左上、見てる側から右上を見た絵は間違いだったってことになる。

どなたか、両方のドラマを録画しているかたいらっしゃったら、検証してみてください。気になって仕方ない。

関連記事

コメント (2)

  • 海音

    はじめまして。
    両方録画し両方見ました。
    結論を言うと両方間違っていません。
    右上⇒論理的思考・計算
    左上⇒経験した過去の記憶の検索
    クイズショウではホリケンが「みのりちゃんもただじゃすまない」と
    左上を見た説明が「緊張感の中で嘘を付いてる時の無意識の・・・」
    って言ってますね。
    まぁクイズショウの説明不足ってとこでしょうか。
    後、利き腕によって左右逆転するので注意です。

  • あさこん

    ◇海音さん◇
    はじめまして。コメントありがとうございます。

    両方録画せずにたまたま見たので、
    2 つのドラマで噓をつくという同じような状況の目線について
    異なることをいっていたので混乱してしましました。

    なるほど、右上だとこれからつくウソ、
    左上だと経験したことのウソってことなんでしょうか?

    噓にもいろいろと種類があるんですね。
    そして利き腕でも目線が逆転する、とは。お詳しいですね。
    ってことは、わたしみたいに洞察力がない人間は
    単純に目線で噓を見抜けないってことですね。

    勉強になりました。そしてすっきりしました。ありがとうございます。

コメントを書く

トラックバック URL