ぼやき

0

F1 観戦

友達に連れられて F1 見に鈴鹿まで行ってきました! 興味がなくて半ば強制的に連れて行かれたんだけど、思った以上に楽しめました。

メンバーは高校からの友達 C とその彼氏のマレーシア人 M 、 M の友達のマレーシア人 A 、その友達のインド人 D 。とても国際的。そして、わたしが英語ダメなので、 5 人で話せる共通の言語がないというとんでもない状況。

前夜から鈴鹿在住の M の家に泊まり込んで、臨戦態勢。

今年の鈴鹿は台風 22 号の影響で昨日の予選が中止になり、日曜日に予選、決勝をやってしまうという前代未聞の大会になった。それで予選と決勝の間のパレードであるオーラにわたしは目を奪われてしまったのだ。彼の名はキミ・ライコネン。ベンツに乗ってるフィンランド人です。実は後ろ姿しか見られなかったんだけど、彼はカッコいいに違いない! と確信したわけです。

それからは、決勝でも目をこらしながらベンツ車を追うものの、見えるわけもなく、しまいにはキミ・ライコネンが何位だかどの車かもわからなくなる始末。

帰りがけに寄ったブースでもベンツのところでは写真を撮りまくりました。でもヘルメットをかぶった写真しかなかったので、ここでもキミの素顔を知ることができず、悶々としかなが友達の家へと帰るのでした。

そしてそんなわたしがキミの素顔を知るのは友達の家での検索画面。そこに映し出されるキミ・ライコネンの素顔は思った以上に男前。まあ、例えどんなに不細工だったとしても。一度いいと思ったらファンであり続けるよ。わたしは結構しつこいんだから。

友達の家でみんなでハヤシライスを食べて、その日の電車でわたしだけ家に帰ったのだけれど、盛り上がったのは、その車内から寝付くまで。キミのことが頭から離れない!

関連記事