ぼやき

2

アンテナ

自室で FM をもっときれいに聴きたくて挑戦!  tvk の映りはどこまでよくなるのか その 3 のときに家電量販店に注文した FM UV ミキサーを取り付けるために屋根に登った。 UHF はあきらめたけど、 FM はまだあきらめていない。
以下、今日の屋根の上での一部始終。

12 時過ぎ、今日は天気もいいのでアンテナ配線工事をしてしまおうと屋根に登ることにした。

ここで簡単にわたしの計画を説明する。わたしが普段占領している部屋(書斎とでもしておこうか)は 1 階にあり、簡易 FM アンテナでは入りが悪い。なんとか屋根についている FM アンテナから書斎に FM の電波をひきたい。屋根から、同軸ケーブルを垂らして、エアコンの排気口から引き込もうかとも思ったのだが、いかんせん外観がみっともない。そこで思いついたのが、書斎に来ているテレビのアンテナ線に FM の電波も乗せてしまおうというものだ。ここで登場するのが、 FMUV ミキサー。 UHF と FM の電波を文字どおりミックスする機器だ。

工具一式と配線、地図と方位磁石、手には軍手となどさながら電気屋さんのような格好でハシゴを登っていざ屋根へ。屋根に登るなんて危ない! というご意見があるかもしれないので、但し書きをしておくと、うちの屋根は陸屋根。そう真っ平らなのだ。ハシゴを登って屋上へ出たとでも思っていただきたい。

思い描いていた構想と実際の配線を見てどこをどうすれば、いいか一思案。そして気がついた。もともとついていたテレビの 2 分配器、これは UHF と VHF の混合器でもあったのだ。 VHF と FM の周波数は近いので VHF と書いてあるものは FM でも使える。つまり、 FM アンテナからの線をこの VHF UHF ミキサー 2 分配器につなげばことは終わるってことだ。わたしが買い求めた FM UV ミキサーは不要だということ。ああ、もっとちゃんと確認してから買い物をするんだった。

FM アンテナに繋がっている分配器からケーブルを 1 本 VHF UHF ミキサー 2 分配器につないだだけで工事は終わった。工事と呼んでいいのだろうか。

さて、あと気になっていたのは FM アンテナの向き。これは確か、数年前わたしがこの家に 1 人住まいしていたときに適当に向けた方角である。足柄平野の電波塔めぐりによると FM の中継局は浅間山から不動山へ進むちょうど中間地点にあるらしい。うちから見ると東だ。アンテナは西を向いている。これはぐるりと回さねば、と思いアンテナ台を固定しているワイヤーを全部取り外しアンテナを回転。何度もアンテナの向きを変えてはハシゴを下りてラジオの入りを確認したが、いまいち音が良くならない。逆に雑音がひどくなっている。これは何かがおかしい。 Web の情報は間違っているのではないか。そう思って、わたしは NHK-FM の小田原局の電波塔の位置を電話で NHK に問い合わせることにした。すると、テレビと同じ真鶴半島の先っぽだという。やはり Web の情報は誤りであった。(後日確認すると間違っていたのは NHK の方だった。)

しかしこれは好都合。うちと真鶴半島の先っぽと結んだ延長上には熱海の中継局である初島があるのだ。そこには、 FM 東京の系列局である K-MIX (旧名 FM 静岡)の中継所もある。『銀のエンゼル』舞台挨拶の前日ミスターがインタビューを受けたあの放送局である。

地図とコンパスを手に取り、アンテナの向きを微調節。すると、 NHK-FM だけでなく、 K-MIX までもがステレオで受信できるようになってしまったのだ!
ここは神奈川の辺境地。東京の電波を求めるよりも静岡の電波の方が拾いやすいらしい。

そして妄想は続く、テレビの UHF アンテナも小田原局に向けたら、 tvk のオフセットビートもなくなり、もしかしたら、静岡の電波も拾えてしまうかも。そうしたら静岡で放送中の「どうでしょうクラシック」とか見られてしまうんだろうか? もしかしたら中座している「挑戦!  tvk の映りはどこまでよくなるのか」のその 5 が復活するかもしれない。

関連記事

コメント (2)

  • 天国ななお

    こんにちは♪

    朝子さんには FM のアンテナ調整とかをするイメージが無かったんですけど、凄いですね。
    女性でその手のセッティングや電気に強い人って昔からあこがれていました、う、理系の女の子が好きだっていうことかな(笑)

    最近は、文月さんが自動車の運転免許を持っていることにも驚いた ^^;  人を思い込みで見てはいけませんね。

  • あさこん

    ななおさん、こんにちは。
    配線好きは小学生の頃からなのです。
    テレビとステレオ、ビデオ、 LD (古い!)などをつなげて、
    テレビの音がスピーカーから出るよ、なんていって喜んでいました。
    なんだかイメージを壊してしまってすみません。
    壊れる前のイメージっていうのはどんなものだったか
    気になるところでもありますが。

コメントを書く

トラックバック URL