ぼやき

2

樋口了一『いまでも』

無事に修士論文を提出した帰り、徹夜明けなのにホテル隣の HARD OFF に入ってみた。実はずっと気になっていて、一度は入らないとと思っていたんだよね。そして、いろいろ物色していたら、ジャンクの 8 cm シングルのコーナーになんと「樋口了一」の名前を見つけてしまったんですよ。もう、びっくり。しかもお値段 21 円也。これは聴けなくても買う価値あるでしょう、って購入決定。他にも、ステレオミニジャックから赤白の音声プラグに出力するコードを買った。これで、パソコンの音をホテルのテレビから聴けるはず。つまり、買った樋口さんのシングル CD をきれいな音で聴けるのですよ。でもコードの方が高くて 210 円。 10 倍だよ。

ちなみに買ったシングル CD は『いまでも』で最近発売になったベスト版『ベストコレクション〜あの頃の僕がいるなら〜』にも入っているんだけれど、カップリングとそしてなんといっても東芝 EMI 時代の CD を見つけたことで大興奮! でもジャケットの一番大事なお顔のところに値札が直張り。若い樋口さんの顔が見られない。ドライヤーで温めながら剥がそうかな。

他にも樋口さんの CD がないかくまなくチェックしたけれど、なかったよ。残念。なんかこうなったら、 Book Off とかもチェックしたくなるね。名古屋はまだどうでしょうはあんまり浸透してないから、探せばあるかもしれない。
ちなみ、 8 cm シングル CD の棚を見ていたのは、 NORTH END × AYUMI の『 DA ・ BE ・ SA 』がないかと思ったからなんだけどね。本家のならありましたよ。

関連記事

コメント (2)

  • イリス03

    論文提出、おめでとうございます!
    わたしは卒論しか経験がないですが、かなりの重労働ですよね。
    一年かけて準備したわりに、提出するときはあっさりだったなぁ、と自分のときのことを思い出しました。
    修士さん、かっこいー。

  • あさこん

    ◇あさこん◇
    どうもありがとうございます。
    でも、まだ提出しただけなので、審査に通らないと……。
    1 年というか、途中いろいろ寄り道をしたので、
    足かけ 5 年かかってしまいました。かっこいいとはほど遠い。
    まだ発表会もあるので、ぱーっとというわけにはいきませんが、
    とりあえず、一息ついてます。

コメントを書く

トラックバック URL