0

キッチンの手元灯を取りつけているネジが 1 つ取れました。

ビスが外れて傾いたキッチンの手元灯

こんな風に傾いてしまっているし、スイッチのヒモを引っ張る度にグラグラして落っこちてきてしまうのではないかと心配なので修理しました。

養生テープで仮止めして使っていた

とりあえず写真のように養生テープで補強してしばらく使っていたのですが、テープが重みで剥がれてくるので、きちんと取りつけ直すことにしました。

カバーを開けるとビスが抜け落ちて穴が大きく空いているのが確認できる

カバーを外してみるとネジが脱落しています。ビス穴が大きく開いているのでそのままでは再度ビスを打つことはできないので一工夫必要です。

ビスが効くようにビス穴に合わせて割り箸を削る

割り箸を少し削ってビス穴にはまるくらいにします。木材が木工用ボンドの水分を吸って膨らむのでだいたいで削れば OK です。

木工用ボンドをつける
アサリのないノコギリで飛び出た部分を切る

それに木工用ボンドをつけてビス穴に差し込み、余った部分をアサリがないノコギリで切り取ります。

ビス穴を割り箸で補強したところ

これでビスが効くはずです。

元のビスを打つ

外れたビスを打って補修完了です。

木工用ボンドが乾くまで蛍光灯やカバーをつけずに放置

そのまま蛍光灯を入れたりカバーをつけたりしたら、もしかしてまたビスが抜けてしまうかもしれないので、木工用ボンドが乾くまで蛍光灯やカバーをつけずに一晩放置しました。

一晩置いてから蛍光灯とカバーを取りつけたところ

蛍光灯とカバーをつけて元に戻りました。かなり長い間養生テープで留めた状態が続いていたので、金枠が少し反ってしまいましたが見なかったことにします。

関連記事

コメントを書く

トラックバック URL