ぼやき

14

あさこんは無駄に携帯 2 台持ちです。通話用のガラケーとデータ通信用の iPhone 4s を持っています。 au の通話料込みの 1 番安いプラン SS シンプルで 1237 円(税抜き)、 iPhone 4s には BIC SIM の SMS つきで 1,043 円(税抜き)の合計 2280 円(税抜き)です。 au の無料通話は使い切れず毎月繰り越しされています。

2 台持ちの人ならわかると思いますが、 iPhone がメインになりガラケーはカバンの中で放置状態になるのです。それでも待ち受け状態で 1 週間以上バッテリが保つのはさすがガラケーです。(災害の時とか役立ちそう。)

しかし放置しているので、ごくたまにかかってくる電話に気がつかないことが多いです。携帯電話を家の中で携帯していないので、電話に出られないのは仕方がないとして、せめて着信があったことだけでもガラケーに触らずとも知りたいわけです。ガラケーの電話を 050 で始まる IP 電話に転送し、 IP 電話から着信をメールにお知らせしてもらうことにしました。

ガラケーの着信を iPhone で知るための大まかな流れ


ガラケーの着信を iPhone で知るための大まかな流れは下記のようです。

  1. IP 電話のサービスを提供している会社から 050 の電話番号を取得
  2. au の転送電話サービスにて 050 に着信を転送
  3. IP 電話会社の着信メール通知サービスで着信があったことを iPhone で受け取る
ガラケー着信をメールでお知らせしてもらう仕組み

ここで注意が必要なのは、相手から au のガラケーまでの通話料は相手持ちですが、 au のガラケーから IP 電話の通話料は自分持ちで、料金は au の契約しているプランに基づきます。まあ毎月無料通話を繰り越しているわたしにはほとんど関係のないはなしですが。

050 は登録料・月額基本料無料の FUSION IP-Phone SMART を利用


今回利用する IP 電話は FUSION の IP-Phone SMART です。ここのメリットは月額基本料が無料なところです。その代わり他の IP 電話より通話料が高めに設定してあります。なので少しだけ使う人にお勧めです。発信は基本しないつもりなので、このサービスはありがたいです。

まずは IP-Phone SMART の番号取得から。注意しなければならないのは、 IP-Phone SMART 登録にはクレジットカードが必須なのですが、ひとつのクレジットカードに対して 5 つの回線しか契約できないこと、そして 2 つ目以降は登録料が 500 円かかること、そして電話番号を削除しても先の 5 回線の枠にカウントされるということです。むやみに電話番号を取得されるのを防止しているのですね。

FUSION IP-Phone SMART 登録時は iPhone でプッシュ通知できるアドレスで登録

それと「着信メール通知」は登録したメールアドレス届くので、 iPhone にてプッシュで受け取れるメールアドレスで登録します。

SMARTalk の設定と着信確認

050 で始まる電話番号を入手したらアプリの設定をします。公式の「 SMARTalk 」に SIP アカウント情報を設定します。

SMARTalk - スマホの通話料をトコトン安くする -
カテゴリ : ソーシャルネットワーキング
価格 : 無料

登録完了から 30 分ほどで割り当てられた 050 への着信が可能になりました。(最大で 1 時間かかるようです。)

au ガラケーから FUSION IP-Phone SMART へ着信転送


次に au 転送電話の設定です。 au 転送電話には次の種類があります。

転送の種類と特番
転送の種類 概要 サービスの特番
通常 再設定時
無応答転送 かかってきた電話に出られない場合や、
電源が切ってあったり、
電波が届かない場所にいる場合などに転送
「 1422 」
+ 転送先電話番号
「 14212 」
話中転送 ほかの電話との通話中にかかってきた電話を転送 「 1423 」
+ 転送先電話番号
「 14213 」
フル転送 かかってきた電話をすべて転送 「 1424 」
+ 転送先電話番号
「 14215 」
選択転送 電話がかかってきたとき、
その電話に出られないときに手動で転送
「 1425 」
+ 転送先電話番号
「 14215 」
転送停止 着信転送サービスを停止 「 1420 」

iPhone への転送で使えそうなのは、「無応答転送」と「フル転送」の 2 つでしょうか。

「無応答転送」はかかってきた電話に 20 秒応答しない場合や携帯電話の電源を切っていた場合や圏外にいた場合に転送されます。( docomo の場合は転送するまでの秒数も設定できるようですが、 au は 20 秒固定です。)
→ au お知らせ:お留守番サービス・着信転送サービスの呼び出し時間変更について

au でも「着信転送サービス」にて無応答転送を設定している場合、着信転送するまでの時間が 5 秒~ 55 秒の間で設定できるようになりました。(コメントで教えていただきました。ありがとうございます。)設定方法は下記の通り。
→ au お知らせ:通話サービスにおける呼び出し時間設定機能追加について

1418xx (秒数)にダイヤル( xx は 05 ~ 09 または 5 ~ 55 )

「フル転送」はかかってきた着信をすべて転送します。ガラケーに着信履歴は残りません。

わたしは出られるなら電話に出たいので無応答転送にしました。着信がガラケーにまったく残らなと折り返し電話するのも面倒になりますし。無応答転送の場合、相手が 20 秒未満で切った電話は IP-Phone SMART には転送されないので、着信メール通知も送られてこないので注意が必要です。

FUSION IP-Phone SMART の留守番電話設定


留守番電話設定の設定は下記のよう。

FUSION IP-Phone SMART の留守番電話設定

呼出時間は「即時」と 10 秒から 60 秒まで 5 秒刻みで設定できます。わたしは iPhone で電話を取らないつもりなので「即時」に設定しました。「着信メール通知 + 録音データファイルの添付」を選択し「メール送信後に録音データ削除」にチェックを入れました。留守電の保存件数が 10 件を越えると録音が行われなくなるので注意が必要です。

この設定で au のガラケーで 20 秒呼び出し音が鳴ったあと、すぐに FUSION IP-Phone SMART の留守番電話につながります。 au の留守番電話が FUSION IP-Phone SMART に置き換わって、その上着信メール通知をしてくれる感じになります。発信者が留守電を録音している間の通話料は自分持ちになります。その代わり着信メール通知に音声データを添付してくれるので、留守電センターに接続する電話料金がかからなくなるので、結果的に通話料金はとんとんかと思います。

また呼出時間を「即時」設定しているので、 IP 電話のアプリ SMARTalk を起ち上げておく必要がありません。 SMARTalk を起ち上げておくと電池の減りが早くなるようです。

先にも書きましたが、登録メールアドレスに着信メール通知は届くので、登録するメールアドレスは iPhone でプッシュ通知できるものがお勧めです。わたしは ezweb メールを転送しているメールアドレスと同じました。

着信転送 & 着信メール通知を実際に試してみた


試しにガラケーに電話をかけ 20 秒放置してみたところ、違和感なく FUSION IP-Phone SMART の留守番電話につながりました。転送しているとは普通の人は気がつかないと思います。留守番メッセージを吹き込み電話を切ったあと数秒で着信メール通知が届きました。タイムラグは留守番電話にメッセージを吹き込んでいる時間のみという感じです。

送られてきた着信メール通知は下記のようです。

090xxxxxxxx から着信がありました。

着信日時 : 2014 年 03 月 23 日 01:04:15
録音時間 : 0:15
録音件数 : 0/10 件
SIP アカウント: 58xxxxxx

お預かりした音声は、マイページで確認いただけます。
https://smart.fusioncom.co.jp/sfkr/mypage/

※マイページにて設定を行うと録音データファイルを本メールに
 添付する事が可能です。
※マイページにて「メール送信後データを削除する」の設定が有効に
 なっている場合、音声データは保存されません。
※保存件数が 10 件を越えると、録音が行われなくなります。
 マイページにて削除を行なって下さい。
※録音データは 7 日後に自動的に削除されます。

–PR————————————–
  スマホの通話料をトコトン安くする
  「 FUSION IP-Phone SMART 」
  http://www.fusioncom.co.jp/kojin/smart/
——————————————

20140323010416.wav

あと留守番電話の録音メッセージは WAV 形式のただの音声ファイルなので、スピーカーから再生されます。周りに聞かれたくないときはイヤフォンをする必要があります。

これでガラケーにかかってきた着信が iPhone で確認できます。必要なら(ガラケーから)折り返し電話するのことも可能になります。無応答転送の場合は、転送されるまでの 20 秒間で相手が電話を切った場合、着信お知らせメールは届かない点には注意が必要です。

電話も転送できたし、 ezweb メールも転送できたし、残るは C メール (SMS) だけだけど、 SMS に連絡が来たのってわたしが携帯持ってから十数年で 3 回くらいしかないから、気がつかなくても問題ないかな、と。

ちなみにキャリアメールである ezweb メールの iPhone での送受信の設定は下記のように行っています。
→ iPhone でガラケーの ezweb メールを送受信する

関連記事

コメント (14)

  • トム

    こんにちは、
    私も同じような利用を考えています。ガラケー、
    スマホの 2 台持ちではなくデュアル SIM のスマホで1枚はドコモの FOMA ガラケー SIM で通話専用、2枚目は MVNO のデータ専用 SIM 。 SIM の同時使用が出来ないモデルが多いので、データ通信使用中の音声電話着信があった場合にドコモの転送電話で smartalk のアプリに着信して受けるようにしたいです。
    書いていらっしゃる記事では smartalk の留守電機能や着信お知らせ機能を説明されておられますが、転送された電話に smartalk のアプリで応答して即通話を開始するという事は可能でしょうか?

    よろしくお願いします。

    トム

  • あさこん

    ◇トムさん◇
    コメントありがとうございます。
    デュアル SIM のスマホで利用される予定なんですね。
    1 台で済むのはメリットありそうですね。

    ご質問の smartalk に転送して即時通話を開始できるかですが、
    もちろんそのようにできます。
    むしろその方が自然な使い方だと思います。
    留守番電話設定で応答時間を 20 秒など好きな秒数に設定すれば、
    その間に電話に出れば留守番電話にはつながらず普通に通話できます。
    注意しなければならないのは、
    転送して応答するまでの時間も FOMA の通話料を請求されることです。

    あとは MVNO のデータ SIM を使っている間は
    smartalk のアプリをいつも起ち上げている必要があります。
    本文にも書きましたが電池の減りが少し早くなるようです。

    いくつか注意点はありますが、上手く使えば安く済むのはいいですよね。

  • ジョン

    とても分かりやすいです!
    この記事を書いた 1 か月後に au が呼び出し時間の設定を可能にしたようです。
    URL 見てください

  • あさこん

    ◇ジョンさん◇
    コメントありがとうございます。
    URL 確認しました。
    au でも呼び出し時間が設定できるようになったのですね。
    知りませんでした。
    本文に追記しておきます。
    情報ありがとうございます!

  • わんたけ

    記事をいくつか読んで楽しんでいます。

    そもそもの疑問ですが、なぜ二台持ちでしょうか?お気に入りの端末でもなくなり、 MVNO をお使いなら、通話もつけて番号維持して転出してしまえばシンプルに解決するのになーと気になりました。

    メディアスキンとか少し昔は美しく小さい携帯が沢山あったなと思い出しました。
    そういうものを使いたいなと度々考えることあるんですけど、 iPhone を使って五年。携帯に求める機能は一通りアプリに移行してしまってて、電話とメールは実質役に立たない。ベーシックなコミュニケーションのアプリ、 Facebook メッセンジャー Skype 辺りだけでも使える美しいシンプルな携帯がないかなと探ってます。なにかご存知でないかしら。
    わたしか iPhone に過度に依存しすぎている感じが美しくない、軽やかじゃないなとずっと思ってるんです。バッテリーも何日か気にしない、取り扱いもポイつと放る、 iPhone を家におきっぱでも気軽に出掛けられる、、、そんな軽やかになりたい!…という。

  • あさこん

    ◇わんたけさん◇
    コメントありがとうございます。
    まずご質問のなぜ 2 台持ちなのかですが、
    わたしが iPhone 用にデータ SIM を購入したときには
    音声のオプションはまだ始まっていなかったのが 1 点。
    あとはプラン SS の無料通話と家族間通話無料が捨てきれない、
    そして下駄履かせた iPhone 4s は電池の消耗が早いので、
    家では機内モードにしておきたい、
    といった理由です。
    ほとんど家にいるので、
    データ SIM で満足してしまったというのが一番大きいと思います。

    iPhone に依存しているのが美しくない!
    というお考え、斬新でわたしの胸にも突き刺さりました。
    確かに iPhone に依存しすぎてますね。家でも iPhone いじってますし。
    iPhone もいろいろ機能はついたけれど、
    肥大してる感が否めませんね。
    コメントいただいていろいろ考えるきっかけになりました。
    (シンプルで美しい携帯はちょっとわからないです。ごめんなさい。)

  • 生茶ごりら

    質問があります。
    このサイトを参考に転送設定うまくいきましたが、
    転送中に SMARTalk に表示される電話番号は、
    やはり自分の転送元の電話番号にしかならないのでしょうか。
    もちろん電話が途切れた後、メールでお知らせはしてくれるのですが、
    転送着信中に怖くて出れません(上司なのかわからないため)。

    方法をお知りでしたら教えていただけると幸いです。

  • あさこん

    ◇生茶ごりらさん◇
    コメントありがとうございます。
    着信転送は発信者の電話番号が通知されますよ。
    システムが変わったのかと思い、
    夫の携帯電話から自分のガラケーに電話をかけてみましたが、
    iPhone に転送された番号は夫の携帯番号でした。
    特に設定などはしていません。
    au の転送サービスは発信者の番号で転送されるので、
    転送元の電話に置き換わることはないと思います。
    友達の携帯電話などを借りてテストしてみてください。

  • 二台持ち

    有益な情報ありがとうございます!
    一点お聞きしたいのですが
    こちら
    > au のガラケーから IP 電話の通話料は自分持ちで、料金は au の契約している>プランに基づきます。まあ毎月無料通話を繰り越しているわたしにはほとん>ど関係のないはなしですが。

    こちら転送先のスマホ (IP 電話 ) で電話をとっても、転送元のガラケーの契約での通話になるということですか?無料通話分があればそれでまかなわれる。
    ということで合ってますでしょうか。

    お教えいただけましたら幸いです。

  • あさこん

    ◇二台持ちさん◇
    コメントありがとうございます。
    ご質問ですが、その解釈で合っています。
    誤解のないようにもう一度書くと以下のようです。

    転送先のスマホで電話を取った場合、
    発信者だけでなく、自分にも料金がかかってきます。
    転送分の通話料は自分が契約しているプランに基づくので、
    無料通話がついているプランの場合はそれが充てがわれます。

    わたしの場合転送されていますが、無料通話の範囲なので、
    料金を請求されたことはありません。

  • 二台持ち

    あさこんさん
    大変早く、そして丁寧なお返事をありがとうございます!

    承知しました。ぜひこの方法を導入しようと思います。
    m(__)m

  • あさこん

    ◇二台持ちさん◇
    疑問が解決してよかったです。
    2 台持ちは維持費が安くすみますが、いろいろと面倒も増えますよね。
    少しでも快適になればと思います。

  • tmg

    プラン E シンプルで維持してる GRATINA2 から iPhone に着信通知できるようになりました . とてもわかりやすい説明でとても参考になりました .
    自分の場合、発信用に別の番号があるので着信通知だけあれば良かったのですが留守番電話サービスを併用すると留守番電話に繋がった分だけガラケー側に料金かかってしまうんですね …
    メール通知も併用したいので難しいところです笑

  • あさこん

    ◇ tmg さん◇
    コンセントありがとうございます。
    転送電話は au から IP 電話に電話をかけていることになるので、
    たとえ IP 電話の留守電の対応を即時にしていても通話料が発生します。
    プラン E の場合は 30 秒 /20 円なので、 1 回電話がある度に 20 円かかりますね。
    もし月の電話が 10 本以上あるなら、プラン SS にした方がお得ですよ。

コメントを書く

トラックバック URL