4

Holux M-241 で取った GPS ログを Exif タグに埋め込むのに myTracks というアプリケーションをわたしは使っています。ジオタグを写真に書き込めるソフトはいろいろありまずが、 GPS ロガーのトラック自体を編集できるところが気に入っています。その具体的な使い方。
写真にジオタグを付加するアプリ 8 本【 Mac で GPS ロガー】

Holux M-241 から myTracks へログの読み込み

myTracks から Holux M-241 のログを直接読み込めるのでその機能を使ってみました。初めの 1 回だけ Mac と Holux M-241 をペアリングさせる必要があります。この記事の前半の部分にやり方は書いてあります。
→ Holux M-241 からログの取り出し【 Mac で GPS ロガー】

次に myTracks での設定。最初にアプリを起動したとき、または「環境設定」の「 GPS デバイス」の「 GPS ロガーアシスタントを開始」から「 GPS ロガーアシスタント」にて設定します。

環境設定の GPS デバイス
GPS ロガーアシスタント

Holux M-241 から GPS ログを読み出します。「ファイル」→「 GPS デバイスから読み込む」を選択します。

GPS ロガーから読み込む

パスコードの入力を求められることがありますが、そのときは「 0000 」と入力します。 Bluetooth で読み込むとかなりの時間がかかります。(途中で電池が切れないように注意。)

読み込み後の表示はこんな感じです。この画面でトラックの編集ができます。

ログの読み込み後

写真に GPS タグを埋め込む

写真を myTracks に取り込みます。トラックを選択し、右上でカメラアイコンをクリックして、写真をドラッグ・アンド・ドロップするか、「写真を読み込む」をクリックします。

myTracks に写真を読み込む

対応する GPS ログがない写真はプールすることができます。

トラック外のものはプールへ

写真プールにあるは、撮影場所を地図の中心に合わせて、写真を選択し「トラック」選択すると地図の場所と写真の時間を元に GPS ログ(トラック)にポイントが追加することができます。

プールの写真に位置情報をつける

「ジオタグ」を選択すると myTracks のリスト上には現れませんが、写真の Exif タグに GPS 情報を直接埋め込むことができます。 iPhone などで撮影して Exif タグに GPS 情報がついている写真もトラックのポイントとして追加できます。

このままだとトラックに写真が紐付けられただけなので、 Exif タグにはジオタグは書き込まれていません。トラックに紐付けた写真の GPS 情報を Exif タグに書き込むには、写真を選択して赤い押しピンマークをクリックします。

myTracks で写真にジオタグを書き込む

Exif に書き込む情報の種類を選べます。

書き込むジオタグの種類を選ぶ

GPS ログの時刻と写真の時刻がずれている場合

GPS のログを元に写真に位置情報を埋め込むのにキーにしているは「時刻」です。なので、 Holux M-241 の時刻とデジカメの時刻を同じにあわせておくのが重要です。でもいちいち時計合わせするのめんどくさいなぁ、って思う人は GPS ロガーの時間の画面をデジカメで写真に取っておけば、あとから時間をシフトさせればいいので楽ちんです。写真に写ってる Holux M-241 の時刻 06:17:05 で、写真のタイムスタンプは 06:22:02 なので、カメラの方が 4 分 57 秒進んでいることになります。 

Holux M-241 の時計画面を撮影

このように写真のタイムスタンプがずれている場合は、一度プールに読み込みタイムシフトさせることで正確な位置情報を取得できます。

「環境設定」の「 General 」にて「ジオタギングモード」を「写真プールを使用した延長割り当て」に設定します。

環境設定:すべての写真をプールに追加

写真を読み込みと写真プールに写真が読み込まれます。写真のタイムスタンプがずれているのでジオタグの位置が違うところになっています。

写真のタイムスタンプがずれている場合

ここでタイムシフトを設定します。例ではデジカメの時計が 4 分 57 秒進んでいたの場合です。 Batch Processing の「開始」をクリックすると、プールされているすべての写真を処理することができます。

ずれている写真のタイムスタンプをシフトする

「トラック」をクリックすると myTracks でトラック上に配置され、ジオタグをクリックするとトラックには配置されず、写真にジオタグが書き込まれます。

バッチ処理でトラックを選ぶ

Holux M-241 でログを取る上で気をつけること

前半の例では Holux M-241 のログ取得の設定が悪く、徒歩だと精度が悪いジオタギングになってしまいました。設定は Log by Time を 120 秒、 Log by Dist. を 100 m でした。

Log by Time 120 秒、 Log by Dist. 100m

同じ設定で電車に乗った時はかなりいい感じなので、徒歩か乗り物かで設定を変えるのがいいかと思います。

Log by Time 120 秒、 Log by Dist. 100m

Holux M-241 は 130,000 の位置情報を記録できるので、 1 秒毎に記録する設定にしたとしても約 36 時間分記録できます。 1 日のお出かけでしたら、 1 秒毎にログを取っても構わないかと思います。後半の例では Log by Time を 1 秒、 Log by Dist. を 50 m でログを取りました。

Log by Time 1 秒、 Log by Dist. 50m

ただその場合電池の消耗が激しいので、頻繁にログの記録をストップさせ、本体に記録させる方がよいです。 Holux M-241 はトラック毎にメモリに保存しているらしく、ログを取っている途中で電池が切れた場合、ロクを開始したところから電池が切れたところまでのトラックは保存されません。これで痛い目にあったので、ログはこまめにストップさせ保存するようにしています。トラックの結合は myTracks できますので。

ちなみに Log by Time を 5 秒 にすると、 180 時間、つまり約 7.5 日 の記録はできるので、ちょっとした旅行などではこれくらいの設定がバランスが取れているのかもしれません。試しに上の 1 秒のトラックを 5 秒間隔に間引きしてみました。このくらいの精度で十分かも。

5 秒間隔に間引きしてみた

関連記事

コメント (4)

  • jun

    こんにちは。初めまして。京都在住の今井と申しますが、突然のコメント失礼致します。
    Holux M-241 の使い方が今一つ分からなかったのですが、貴方様のご説明でとてもよく理解でき、大変助かりました。とくにロガーとカメラの時刻がずれている場合、最初にロガーの時刻を撮影しておき、あとでこんなに簡単に調整できるとはと驚いています。
    Mac についてもいろいろ参考にさせていただけそうで、この頁に出会えたことを感謝しています。まことにありがとうございました。

  • あさこん

    ◇ jun さん◇
    コメントありがとうございます。
    参考になったようでなによりです。
    Holux M-241 と myTracks の使い方、記事にした甲斐がありました。
    この記事のネタは 1 年くらい眠っていたものだったのでなおさらです。
    最近は更新頻度がやや下がっていますが、
    気になったこと等、気の向くままに更新したいとおもいますので、
    よろしくお願いいたします。

  • jun

    あさこんさま

    お返事ありがとうございました。

    フィルムカメラはこの数年の間に引退と相成りました
    Nikon F3 、 NIKOMAT FT-n 、 NIKOMAT EL と、
    今なお現役の FM3A と F6 と F100 とマミヤ RZ67 を使っており、
    デジタルも Nikon のあれやこれやを色々使っております。

    主に京都市内で色々撮影しているのですが(というほどのものでもありませんが)、
    ロガーを使う前は、ふと見かけた
    「面白い化粧をしたお地蔵さんのお顔」とか、
    花街である上七軒の入口あたりで見かけた
    「網ほおずきと錆びた鎖」などというカットなんてものは、
    あとから画像を見ながら記憶を頼りに場所を思い出すしかなかったのですが、
    京都は似たような雰囲気の通りも多く、しかも1日うろうろしておりますと
    記憶も錯綜してきて、どこがどこやら状態だったのですが、
    ロガーを使うようになって飛躍的に便利になりました。

    今年の春頃に GPS ロガーに興味を持ち、
    I/O データの旅レコと Holux M-241 の両方を比較検討した結果、
    旅レコは一応知られたメーカー扱いということと、
    閲覧ソフトが付属しているので何かと安心。
    ただ、中身と機能はほぼ同じではあるものの、
    Holux M-241 の色が好みであることと、
    Bluetooth 機能があるので試してみたいということと、
    旅レコが生産中止ということもあったので結局両方買ってしまいました。

    Nikon 純正 GPS は 2 万を超える高いオプションでしたが、
    Holux M-241 などはその三分の一ほどの金額。
    それと何よりも純正 GPS はかなりカメラのバッテリーを食うのに比べ、
    M-241 は単 3 一本で 12 時間以上使えるのがありがたく、
    最近はもっぱらこればかりになっています。

    また、旅レコのソフトは Windows 専用ですから、
    パラレルデスクトップで Windows7 を起動して・・・がちょっと面倒。
    Mac で直接扱えるものをということで、 myTracks に行き着いたのであります。
    しかし、旅レコのソフトに比べると使い勝手が悪く(私の知識不足なのですが・・)、使いこなせなくて困っておりました。

    あさこん様にお教えいただいたお蔭で少しは myTracks が使えるようになり、
    今までに貯めたデータを整理したりしております。
    とくにロガーとカメラの時間のズレが、撮影ポイントのズレとなって
    とても気持ち悪かったのですが、これにてすっきり致しました。
    改めまして御礼申し上げる次第です。

    ところで、旅レコでは簡単に出来たトラックの軌跡修正の方法が分からず、
    今もって試行錯誤しておりますところでありますが、
    myTracks でもトラックの軌跡を修正することは出来るのでしょうか?

    冗長な雑談で失礼致しました。

  • あさこん

    ◇ jun さん◇
    ご質問いただいた myTracks でのトラックのポイントの編集方法ですが、
    以下の方法でできます。

    1) 変更したいトラック・ポイントを選ぶ
    2) 地図をドラッグ・アンド・ドロップして、変更後の位置を地図の中心に合わせる
    3) ポイントリストの下部にあるアイコン群の中から、→が 4 つ集まっているアイコンをクリック

    上記操作でトラックのポイントが変更できます。
    お世辞にも直感的とはいえないですね。

    京都市内で写真を撮影されているとのこと。
    父が仕事で何年か京都にいたので、頻繁に遊びに行っていた時期があるのですが、
    京都は本当に絵になる風景がたくさんありますよね。
    撮影地の記録に GPS ロガーが役に立つのがわかります!

    カメラ付属の GPS 機能も少し使ったことがあるのですが、
    測位に時間がかかるのであまり実用的ではないですね。

    カメラもたくさんお持ちのようで、うらやましいです。
    そして旅レコと M-241 の両方お持ちとは!
    わたしが購入したのは旅レコの発売前だったので、
    迷わず M-241 を買ったのですが、
    旅レコが発売されていたら迷っていたかもしれません。

    最近は写真もあまり撮る機会がないのですが、久しぶりに写真が撮りたくなりました。

コメントを書く

トラックバック URL