12

さて、前回記事 WordPress 投稿リビジョン停止のプラグイン【 Disable Revisions and Autosave plugins 】と【 Revision Control 】にて、投稿リビジョンを削除してもデータベースの容量は減らない、と書いたあさこんですが、容量を減らす方法がわかったので記事にしておきます。

まず、データベースのバックアップを取ります。下記サイト参考。
データベースのバックアップ

phpMyAdmin の管理画面にてオーバーヘッドの欄を確認。 wp-posts では 1.5 MB ものオーバーヘッドができています。オーバーヘッドとは、データベーステーブルにデーターを入力したり削除したりすることによって、虫食い状態になることです。( Windows でいうところのデフラグみたいなもの。)これを解消することを「最適化」というらしいです。「再構築」とはいわないみたい。

phpMyAdmin 最適化前

phpMyAdmin 最適化前

wp-posts にできた 1.5 MB のオーバーヘッドはいうまでもなく、投稿リビジョンを削除したためにできたものです。なのでこれを最適化します。

1) 「オーバーベッドのあるテーブルを確認してください」をクリック。
  オーバーヘッドのあるテーブルにチェックが付きます。
2) 「チェックしたものを : 」にて「テーブルを最適化する」を選びます。
  プルダウンメニューを選んだらすぐに最適化されてしまうので、注意してください。

phpMyAdmin 最適化後

phpMyAdmin 最適化後

wp-posts は 4.4 MB → 2.8 MB と約 2/3 になりました。リビジョンによってどれだけ容量を食っていたんだか。そしてデータベース全体でも 6.5 MB → 4.6 MB のサイズダウン。少しは軽くなりますかね。

ちなみに、レンタルサーバーの容量は MySQL の最適化前後で変化はありませんでした。あさこんが借りているレンタルサーバーではデータベーススペースは容量外みたいです。

関連記事

コメントを書く

トラックバック (12)

トラックバック URL