ぼやき

0

静岡のあさひテレビが「原付ベトナム縦断」を終え、 Classic の「ジャングル・リベンジ」に突入しました。
オープニングは Classic のものだったし、説明テロップも追加されてますね。

さて、この「ジャングル・リベンジ」はマレーシアはタマン・ヌガラ(国立公園・ taman negara )に再びいく企画です。そう、わたしは今年の夏、どうでしょう班の足取りをなぞって、(現在のダンナをお供に従え)タマン・ヌガラ(国立公園)はブンブン・ブラウを訪れたのです。だから、もう懐かしさやもう少しこうしてれば、っていうのでいっぱいになりながら見ていました。

そこで、この「ジャングル・リベンジ」はこの夏のタマンヌガラ(国立公園)旅行の写真と絡ませながら、感想を書いていきたいと思います。

ちなみに、マレー語で taman は「公園」、 negara は「国」という意味です。だから「タマンヌガラ国立公園」といういい方は「国立公園国立公園」っていっていることになるのです。まあ「 Kingakuji Temple 」とかいうのと同じ類と考えていいでしょう。

では第 1 夜から。

まず、企画発表の大泉さんの言葉「 11 日間スケジュールを切られてる」に反応。そうか、どうでしょう班はわたしたちよりも 1 日多くマレーシアに滞在したんだ。たぶん、クアラルンプールにもう 1 泊して遊んだんだろう、と勝手に予想。

そして、ホテルパンパシフィック。 1 泊の料金が高くてあきらめたホテル。エレベーターでびゅ〜んっていう大泉さんのマネがしたかった。 Pan Pacific Singapore はアップルワールドでも 1 泊 2 万から 3 万後半、どうでしょう班が泊まったシティービュー指定だとさらに高くなるんじゃないかと思う。写真は戦争記念公園方向からパンパシフィックホテルを見たもの。

遠巻きに見た Pan Pacific Singapore

そして、ラッフルズホテルのビリヤードルームでのビュッフェ。予約なしでいって開店同時に入店して最後の 1 組に滑り込みしたレストラン。危うくあのおいしい料理を食べ損ねるところでした。ビリヤードルームに行く際は予約を! ビュッフェを堪能している際もひっきりなしに予約の電話がかかってきていました。
大泉さんたちの席がどこか気になってテレビ画面を見ていたんだけれど、わたしたちが座った場所の反対側くらいだと思う。

ビリヤードルーム

そして、夕食の場所はもしかしたら、マックスウェルフードセンターかも、と思った。確証ないけど。

マックスウェルフードセンター

ミスター希望のサッカーの FIFA の日本代表戦のスタジアムは世界最大の観覧車であるシンガポール・フライヤーから見た水上スタジアムだね。あの道をミスターも通ったんだ!(わたしたちの目的は F1 のシンガポール GP のコースを歩くというものだったけれど。)って、いうか水上スタジアムの真向かいがパンパシフィックホテルだから、サッカーありきで宿を決めたんだね、と妙に合点。

水上スタジアムと観覧車とシティー

そしてマレー鉄道の 1 等車。大泉さんが食べていた麺料理が見つからなくて結局、違うのを買ってしまったけれど、わたしたちのすぐあとにほぼ同じルートで旅行したあっすぅさんによると、あの食べていた麺料理は「ラクサ」というらしく、到着ホームのお店で買えるらしいです。
→我日日想馬来西亜:【旅日記】 2 日目その 1 ・マレー鉄道で北上編

マレー鉄道一等車

食堂車での昼食。いくのが遅くてフライドチキンライスしか選べませんでした。大泉さんたちはお皿で食べていましたが、お弁当みたいなケースに入ってわたされました。食堂車の内装はそのままでした。ちなみにマレー鉄道の車内はマレーシアリンギットしか使えません。シンガポール駅に両替所がありマレーシアリンギットに両替できますが、レートが悪いです。(顔写真のぼやしは Classic の背景の人のぼかしを真似てみました。)

マレー鉄道食堂車にて昼食

クアラルンプール到着。ホテルイスタナ( Hotel Istana )ロビーの大理石の床。客室は 2006 年に全面改装されてしまったけれど、ロビーの床はそのままでした。

ホテルイスタナ:ロビー大理石の床

客室は改装されていました。そして大泉さんが騙されたデラックス・ルームの 926 号室に泊まりたくて、代理店を通すより少し高かったですが直接ホテルに予約を入れリクエストしました。しかし満室のためデラックス・ルームから 2 ランク、アップグレードしてクラブ・スウィートになってしまいました。よかったのか悪かったのか? せめて 926 号室の前までいって部屋番号の写真を撮ってくればよかったと今さら後悔しています。まあ、内装変わってしまってるんですがね。写真はホテルイスタナのクラブスウィートのリビングルームです。

ホテルイスタナ:クラブスウィートのリビングルーム

さて、こんな感じであきらめたり、かなわなかったりした旅行でしたが、「ジャングル・リベンジ」次回も楽しみに鑑賞したいと思います。

ちなみに初回見たときの完走は以下でどうぞ。どうでしょう熱最盛期の熱気が文章から感じられます(笑)
→ tvk 水曜どうでしょう「ジャングルリベンジ」第 1 夜

ちなみに夏の旅行の詳しい旅行記は以下からどうぞ。
→ 9 泊 10 日 マレーシア・ジャングル探検: 1 日目
→ 9 泊 10 日 マレーシア・ジャングル探検: 2 日目
→ 9 泊 10 日 マレーシア・ジャングル探検: 3 日目

関連記事