2

久しぶりに映画を観ました。 2007 年の作品でくらもちふさこ原作の『天然コケッコー』です。

わたしは原作のマンガをコーラスという雑誌でリアルタイムで全て読んでいたので、映画の容量にしちゃうとちょっと物足りない感じもしましたが、夏帆の透明感のある存在感が、ああ、その年齢じゃなきゃ表せないものってあるんだなって感じました。ダンナは夏帆が好きでそれだけで借りてきたみたいなんですが、ほわわん系なの? っていってました。全体的にエピソードが細かいからそれを伝えきるのが大変そう。わたしは原作を読んでいるので観ていて、これはあの時のあれだな、って思ったんだけれど、初見のダンナには伝わっただろうか。うざキャラなシゲちゃんとか、大沢くんのお母さんと主人公の父親が元恋人同士でだとか、ただの嫌なお母さんになってないか、心配。ダンナは映画を見終わったあと、コミックを全巻読破したようです。コミックの方がおもしろそうに読んでいました。

キャストはすごく原作のキャラを生かした人選。くるりの主題歌も好き。

ちなみに主役の 2 人はドラマ「乙男(オトメン)」でも主役をやってますね。

関連記事

コメント (2)

  • たまりか

    こんばんわ~。私もマンガ持ってるよ~、『天然コケッコー』。
    ちなみに DVD もなかなか見れずにダビングしたけど見れてない ( 笑 )
    夏帆ちゃんはこの頃が可愛いねぇ。ぴちぴちしてる。
    今は大人になる途中なのかちょっとアンバランスだねぇ。
    これを越えたらどうなるのか楽しみです♪

    ああ、くらもちふさこ大好き。
    彼女の描く主役格の男性はみんなイイ男ですね~。うっとり。

  • あさこん

    ◇たまりかさん◇
    こんにちは。
    「天然コケッコー」いいですよね。
    コーラスという雑誌をずっと購読していたんですけれど、
    振り返ってみてもう一度読み返したいのは「天然コケッコー」だったんです。
    それで、去年遅ればせながらコミックをそろえました。

    夏帆ちゃん、本当にぴちぴちですね。
    これからどんな女優さんになっていくか楽しみですね。

コメントを書く

トラックバック URL