トイレのうず

PowerBookG4 が修理を終えて帰ってきました! ロジックボートと電源関係のところとバッテリ交換でした。販売店の延長保障に入っていたので免責の 1 万円のみの負担ですみました。しかし、バッテリまで交換してくれて 1 万円とはなんだかとっても得をしたような気がします。
新しいバッテリになったので、まずはバッテリの儀式から始めています。今はちょうどフル充電して放置しているところ。
バッテリの儀式とは以下のような作業のことで、初めにバッテリを使うときにやると長持ちするそうです。 Mac のノート使いならば、避けては通れない道。
コンピュータのバッテリーを調整して最高の状態にする

しかし、自分の PowerBookG4 がどれにあたるのかわからなくてかなり調べまわってしまいました。わたしの PowerBookG4 の型番は M9969J/A で通称 PowerBook G4 (15-inch Double-Layer SD) と呼ばれているものらしいです。 SD は Super Drive の略。というわけで上記のページの 2 番目に書いてある方法を実行しないといけないようです。面倒だ。
明日は 1 日、 iTunes のラジオをかけっぱなしにして電池を消耗させて 5 時間放置。それから、バックアップを取ってあった HDD から OS ごと元に戻す(復元)の作業をしなければならない。ちゃんと使えるようになるのは、明後日くらいからかなぁ。

関連記事

PowerBook G4 を修理に出してきました
Mac
thumbnail
ジーニアスバー
Mac
Apple Store Nagoya Sakae
PowerBook G4 :バッテリーの怪
Mac
thumbnail
やっぱり PowerBookG4 のバッテリは死んでるのか?
Mac
PowerBookG4オレンジ充電ランプ
PowerBookG4 のバッテリが充電されない
Mac
充電されないPowerBookG4
Mac 運がない……
Mac
thumbnail

コメントを書く