1

年末 28 日以来封印していた『水曜どうでしょう』「ジャングル・リベンジ」の第 2 夜をついに見ました。

やはりおすすめは「マレーシア・ジャングル探検」を見てからにすること。これで 2 倍いや 3 倍は楽しめます。

以下ネタばれあり。

まず復習のため去年の年末に鑑賞済みの第 1 夜から見たのだけれど、名古屋・メ〜テレで放送していた「マレーシア・ジャングル探検」の鑑賞後だからか、第 1 夜の笑いのツボがわかった。ホテル・イスタナでの大泉さんダマされ中のところなんかも、そうそうこんなんだった、ってうなずける。「ジャングル・リベンジ」の続きを見るのを止めてくれたイリス 03 さん、ありがとう。ホテルでの 4 人の会話最高に笑えました。

4 日目にしてやっと、マレーシア、クアラルンプールで 6 年前と同じアングルにてバスに乗り込み、タマン・ヌガラ国立公園を目指しスタートする。

バスで 4 時間クアラテンベリンに到着。昼食を食べたほったて小屋はきれいなレストランへ。ブンブンもグレードアップしているかもしれないと期待がかかる。でもジャングルへと向かう小舟だけは昔のまま。

ボートで 3 時間、全く変わっていないタマンヌガラに到着。そしてホテルの停電……。 6 年の歳月は施設のグレードアップという形ではなく老朽化という形で襲いかかってきたのである。そして出ました、ヨーロッパではおなじみのダブルベッド!

午後 9 時過ぎ、ナイトジャングルウォークへ。前回と違うコース。ガイドも日本語だ! そして今回のオオトリ・大群のシカが! 初めから山場か?

次回は大泉さんの誕生日をブンブン・クンバンで迎えるのでしょうか。

たぶんこれ書いたらすぐ第 3 夜見ちゃうんだろうな。

関連記事

コメントを書く

トラックバック (1)

  • […] ちなみに同封されていた第 6 弾の予告にはちょっと疑問。いくら新作は今が売りだからって、「ジャングル・リベンジ」っていうのはどうなの? あのおもしろさをめいっぱい堪能するには、やっぱり「マレーシアジャングル探検」を見るのが必須条件だと思うから。身をもって体験したこと( 2004 年 12 月 28 日、 2005 年 2 月 13 日を参照)だから、はっきり断言できますよ。「マレーシアジャングル探検」見ないで「ジャングル・リベンジ」見る人はかわいそうだ。おもしろさが半減する。 […]

    DVD コンプリート BOX 到着!:トイレのうず/ぼやき

トラックバック URL