トイレのうず

Mac OS X Snow Leopard で e-Tax にて確定申告を始めようとしてさっそくつまずきました。

Safari が予期しない理由で終了しました。

Safari が開かないのです。何度やっても「 Safari が予期しない理由で終了しました。」という警告。普段 Firefox と Chrome を使っているので Safari が起動しないことに気づきませんでした。

困って調べたところ「 Mac OS X v10.6.8 統合アップデート v1.1 」を当てた後だと、なぜか Safari のバーションが 5.0.5 に戻ってしまい、起動できないようです。ソフトウェア・アップデートにも Safari が 5.0.5 なのにアップデートのリストに上がってこないようです。 SSD に換装したときに OS をクリーンインストールしたので、この「 Mac OS X v10.6.8 統合アップデート v1.1 」を当てていたのですよね。
→ Apple サポートコミュニティ: Safari が起動しない

解決方法は簡単。 Safari 5.1.7 のインストーラーをダウンロードしてきてインストールするだけです。 Apple のサポートサイトからダウンロードしましょう。
→ Apple サポート: Safari 5.1.7 (Snow Leopard)

Safari 5.1.7 インストール

2013 年 3 月 14 日にリリースされた「セキュリティアップデート 2013-001 (Snow Leopard) 」をインストールすると、 Safari が 5.1.8 にアップデートされるようです。「 Mac OS X v10.6.8 統合アップデート v1.1 」にて Safari が 5.0.5 になってしまった場合、「セキュリティアップデート 2013-001 (Snow Leopard) 」をあてれば Safari が起動するようになります。
→ Apple サポート:セキュリティアップデート 2013-001 (Snow Leopard)

関連記事

【 WWDC 】 Snow Leopard は 9 月発売
Mac
thumbnail
2016 年の e-Tax (確定申告)でつまずいたところ
Mac
e-Tax Safari 9が推奨環境外
Snow Leopard (MacOSX 10.6) では e-Tax できない【 Mac で e-Tax 番外編】
Macお金・確定申告
e-Tax の利用推奨環境
e-Tax (平成 24 年度分) Mac OSX Mountain Lion 、 Lion は非推奨!
Macお金・確定申告
e-Tax 平成24年分利用環境
Mac mini をアップグレードした。 Snow Leopard に…
Mac
Snow Leopard にアップグレード
旧バージョンの Safari を共存させる【 Multi-Safari 】
Mac
thumbnail