トイレのうず

QNAP に 8 TB HDDをバックアップ用に新調した

当記事はアフィリエイト広告を掲載しています。

NAS の QNAP TS-453D のバックアップ用に Western Digital Blue 8 TB を購入し、外付け HDD ケースに入れて接続した話です。去年の 6 月のことの備忘録です。

QNAP NAS のバックアップ体制の現状

2021 年 の 5 月に NAS の QNPA TS-453D に 8 TB の HDD を増設したにも関わらずバックアップの HDD は 3 TB と 6 TB のままでした。

QNAP TS453D の HDD 構成の現状

図解するとこんな感じ。空き容量に余裕があるからなんとかなっていますが、気持ち悪い構成です。

なんで一緒にバックアップ用も容量を増やさなかったかというと、当時は 8 TB で Western Digital というと Red 以上しかラインナップがなかったからです。バックアップなので Red を使うまでもないかな、と思い保留していました。

購入した Western Digital Blue 8TB HDD

一昨年の年末くらいに Western Digital から Blue の 8 TB が発売されたので、去年 6 月頃にバックアップ用に購入しました。ちょうど新型コロナの半導体不足で値段が上がり始めたところだったので急いで購入しました。

ロジテック 外付け HDD ケース LHR-EJU3F

外付けケースは Logitech の LHR-EJU3F で、 QNAP と連動してバックアップしていない時はスリープ状態になり通電ランプも消えるものです。このケースと Seagate の HDD の相性が悪いので Western Digital のものが発売されるのを待っていたのです。

WD Blue 8TB を外付け HDD ケースに入れる

ケースに入れて組み立てます。

ディスクに初期不良がないかチェックを行う

Mac で NTFS にフォーマット

まず Mac にて NTFS にフォーマットしました。 QNAP では内蔵の HDD に対してはディスクのチェックができますが、外付けには行なえないからです。

Windows 10 のディスクチェックはセレクタまでチェックしれくれない

なので VMware FUSION 上 の Windows 10 にてプロパティよりデスクのチェックを行いましたが、すぐに終了して全セレクタを読み込んでいる様子がありません。

以下が Western Digital が公式に出しているツールです。( Windows 版のみです。)

→ Western Digital : Western Digital Dashboard

純正の Western Digital Dashboard は拡張診断で失敗する

拡張診断を行うとなぜか失敗に終わります。

→コンピュータケア愛媛ブログ(跡地):【保存版】 HDD の初期不良確認を行う方法 (WD 編 )

上記のリンクにあった古いツールをダウンロードしてみました。

→ Western Digital : Windows 用 Data Lifeguard Diagnostic

古い純正の Windows 用 Data Lifeguard Diagnostic で EXPAND TEST が動いた

問題なく動作しました。

古い純正の Windows 用 Data Lifeguard Diagnostic で EXPAND TEST でチェックをパスした

一晩程度かかりデスクのチェックも問題なく終わりました。

QNAP に 8 TB の外付け HDD を接続

QNAP TS-453D につないで EXT4 でフォーマットし直す

QNAP で EXT4 でフォーマットし直します。

HBS 3 でバックアップのペアリングを変更する

HBS 3 で今まで 6 TB にバックアップしていたフォルダを 8 TB に変更します。

手動でバックアップを開始する

ボタンをクリックしてバックアップし直します。これも半日程度かかりましたが、 USB 3 につないだので昔よりは早く終わりました。

バックアップが終わったら QFinder にてきちんとバックアップできているか確認します。

今回 LaCie の 3 TB を引退させるので、 6 TB の HDD をフォーマットして 3 TB HDD にバックアップしてあったものを同じように 6 TB の HDD にペアリングを変更し USB 3 でバックアップし直しました。 LaCie の 3 TB の HDD ケースにはスリープ機能がないのでずっと電源が入ったままでかなりディスクが熱くなっていました。このあたりもバックアップ用の外付け HDD ケースを交換したかった理由のひとつです。

QNAP は USB 3 のポートがひとつしかなく、 8 TB と 6 TB の HDD のどちらを繋ぐか迷いましたが、毎日バックアップしている 6 TB を USB 3 のポートに繋ぐことにしました。 8 TB の方は週に 1 度です。同じ HDD ケースになったので見分けがつくように 8 TB と書いたマスキングテープを貼りつけておきました。

新しい QNAP TS453D の HDD 構成

図解するとこんな感じになりましなりました。 6 TB の HDD に空きがあるので 3 TB の中身は 6 TB の HDD にバックアップしています。容量が足りなくなったらまた構成を考えます。

関連記事

ほしいものリスト
ぼやき
thumbnail
バッテリ上がりと自動車保険
ぼやきミラジーノ・自動車
thumbnail
またまた箱根
ぼやき
スイッチバック
maxell の DVD-R 、日本製発見!
ぼやき
日本製DVD
ミックス・ジュース
水曜どうでしょうぼやき
ミックスジュースとサンドイッチ
あさこんのご当地チェック〜神奈川編〜 つづき
ぼやき
thumbnail

コメントを書く