トイレのうず

去年の年末買った 4 ベイの QNAP TS-453D に今回もシングルボリュームと同等の静的ボリュームで 8 TB の HDD を増設しました。共有フォルダをボリュームを超えて移動させました。今年 5 月のことです。

増設する HDD の選定

QNAP TS-453D は 4 ベイなのに RAID は使わずシングルボリューム 2 つという構成で使っています。

増設する HDD ですが、 Western Digital の WD Red の 2 〜 6 TB は SMR 方式という記録方式を採用しており、以前からある CMR 方式の HDD と組み合わせて RAID を組むと不具合が起きるようです。

Western Digital は当初 WD Red シリーズに CMR 方式を採用していましたが、アナウンスもなく一部の製品を SMR 方式に変更していたようです。(中略)現在出荷中の WD Red シリーズのうち、 2TB 〜 6TB モデルは、 SMR 方式を採用しているようです。

→ iPhone Mania : Western Digital 、各 HDD の記録方式を公開、 WD Red 問題が関係 ?

なので SMR 方式は避け 8 TB の HDD を購入することにしました。まあシングルボリュームでしか使わないのですが。

Western Digital WD Red 8 TB

購入した HDD は Western Digital の WD Red Plus の 8 TB です。型番は WD80EFBX です。ちょうど運が悪く、仮想通貨のマイニングに CMR 方式の 7200 rpm の HDD が使われて出したころで在庫がなくなり価格が高騰し始めていました。でも緊急的な事態なので NTT-X Store にて購入しました。

QNAP TS-453D に HDD を増設

QNAP TS-453D の HDD 3 に挿し込む

念のため電源を落とし HDD 3 のベイに購入した 8 TB の HDD を差し込みます。

交換した Category 6 の LAN ケーブル

ついでにケーブルも Category 6 のものに交換しました。

ストレージ領域にて新規ボリュームを追加

ストレージ領域にて新規ボリュームを追加

「ストレージ」の「ストレージ / スナップショット」にて「作成」のプルダウンメニューから「新規ボリューム」を選びます。

静的ボリュームを選んだ

ウィザードに沿って進めていけばいいのだけれど、「静的ボリューム」か「シックボリューム」か「シンボリューム」かどれにすればいいのか迷いました。

→ QNAP :シックボリューム、シンボリューム、静的ボリューム

結局今まで通り静的ボリュームにしました。(昔はシングルボリュームといっていたものとほぼ同等のようです。)

ディスク健康状態

ディスクの健康状態でテストしたら 16 時間かかった

HDD に欠陥があったら困るのでディスクをテストします。 8 TB ともなると 16 時間がかかりました。

新しいボリュームに共有フォルダを移動する

HDD 2 のボリュームにあった「 Video 」フォルダを HDD 3 のボリュームに移動します。以下のサイトを参考にしました。

→テクおぼえがき: QNAP で別のディスクボリュームにフォルダを移動する

仮の共有フォルダを作りファイルをコピー

新しいボリュームに Viedo2 という仮フォルダを作成する

QFinder にて「 Video2 」という名前で HDD 3 ボリュームに仮の共有フォルダを作成します。そこに「 Viedo 」内のファイルをすべてコピーします。

元の共有フォルダの中身を削除

元の「 Video 」フォルダの中身を削除します。ネットワークゴミ箱( @Recycle )の中も空にします。

共有フォルダを新しいボリューム上に移動

「プロパティの編集」にてパスをコピーしボリュームを新しいものに変更してパスをペーストする

「コントロールパネル」→「共有フォルダ」にて「 Video 」フォルダを選択します。「プロパティの編集」にてパスをコピーして、ディスクボリュームを新しいボリュームに変更し、パスをペーストして「 OK 」をクリックします。

仮フォルダから移動したフォルダに中身を移動

Video2 にコピーしたものをすべて Video に移動する

QFinder から仮フォルダの「 Video2 」から移動させた共有フォルダ「 Video 」にファイルを移動させます。インディックのつけ替えだけなのですぐに終わります。(コピーは絶対にしないこと。)

移動後のディスクの空き容量

HDD 1 の空き容量が少ないので同様に HDD 2 に移動させた

データを入れている 3 TB の HDD のボリュームも残り 500 GB 程度だったので、同じ方法でフォルダを 6 TB に移動させました。

容量を増やす場合なんかは RAID 組んだほうがデータのコピーもなく簡単に増やせるんでしょうが、 HDD が故障した場合を考えるとシングルボリュームの方がデータ復旧が楽なんじゃないかと思って、未だに静的ボリューム(シングルボリューム)を使っています。

関連記事

QNAP TS-453D に UPS (CyberPower CP550JP) を設置
QNAP
無停電電源装置 CyberPower CP550JP
NAS の移行 QNAP TS-212 から TS-453D へ
QNAP
QNAP TS-212とTS-453D
QNAP TS-212 の外付け HDD へのバックアップの設定
QNAP
外部デバイスでバックアップ先のHDDを確認
QNAP TS-212 の単一ディスクの HDD を交換
QNAP
イートレンドで購入したWD Red 6TBの梱包
QNAP TS-212 の HDD の異常とその交換のために検討したこと
QNAP
TS-212のインジケータも赤く点灯している
QNAP TS-212 で USB 接続の 6TB HDD がフォーマットできない
QNAP
WD Blue 6TB WD60EZRZ-RT