ぼやき

8

今年も e-Tax でハマったので記録に残しておきます。

環境は以下のとおりです。

  • Mac mini Early 2009 OS X El Capitan (10.11.6)
  • Safari 11.0.3

Safari 10.1 推奨で Safari 11  は推奨環境外

毎年のことなのですが、 1 世代前の Safari 10.1 が推奨で、現役の Safari 11 は e-Tax の推奨環境外です。ソフトウェアアップデートをこまめに当てていると Safari 11.0.3 になっているはずで、これが推奨環境外というのもおかしな話です。 Safari 10 をダウンロードしたり、ダウングレードすることはできないので、 Safari 11 で e-Tax を行うしかないのです。

ご利用の環境では e-Tax をご利用になれません。

「ご利用の環境では e-Tax をご利用になれません。」と赤字で書かれていますが、自己責任ですべてにチェックを入れ無視して先に進みます。

エラー情報: HJS0407E

確定申告書のデータの作成が終わり送信段階になって出てきたエラーは HJS0407E 。

HJS0407E<br />
IC カードリーダーを認識できませんでした。

「 HJS0407E
IC カードリーダーを認識できませんでした。
IC カードリーダーの設定等をご確認の上、再度処理をしてください。」

去年はルート証明書が古かったから起こったエラーでしたが、今年は Safari の設定を変更すると送信できるようになるようです。

Safari  の「環境設定」→「 Web サイト」にてサイドバーから「 Java 」を選択します。

Safari の環境設定から Java の「安全なモードで実行」のチェックを外す

「 keisan.nta.go.jp 」の横のプルダウンメニューを「 Option 」キーを押しながらクリックし、「安全なモードで実行」のチェックを外します

「信頼」をクリック

「 Web サイト “ keisan.nta.go.jp ” を信頼して、安全でないモードで “ Java ” を実行してよろしいです?」というポップアップが出てくるので「信頼」をクリックします。

マイナンバーカードのパスワードを求められる画面に進む

一度「送信準備へ戻る」をクリックして前のページを表示してから、再度送信画面へいくと、マイナンバーカードのパスワードを要求するポップアップが出てきます。これで Safari から IC カードリーダーに接続できています。

ルート証明書をインストールするには JDK をインストールする必要がある

HJS0407E のエラーを検証する際に、ルート証明書が古いのかと思って、今年のものをインストールしようとして、確定申告特集のページから jizenMac.dmg をダウンロードして、それをクリックしてできた仮想ディスク上の jizenInstall.pkg を右クリックして「開く」から起動したら、以下のエラーが出ました。

"Java" コマンドラインツールを使用するには、 JDK をインストールする必要があります。

「” Java ” コマンドラインツールを使用するには、 JDK をインストールする必要があります。」

JDK ( Java Development Kit : Java の開発者バージョン)が必要なインストーラー形式なのです。しかもインストールでアプリケーションフォルダにフォルダを作って、そこにキーチェーンがインストールされるという謎仕様。そのキーチェーンの登録方法は去年まで .dmg で配布されていたときと同じという。なんでファイルを展開するだけで、 JDK をインストールしないといけないんでしょうかね。

JDK をダウンロード

Oracle のサイトから JDK をインストールしたら、無事にインストーラーが動きました。( Java のバージョンは 8 か 9 が推奨のようですが、安定性を取って 8 をインストールしました。)

インストールされたフォルダにアクセス権がない

しかし「 sakusei 」フォルダに進入禁止マークがついており、アクセス権がなくて中身が見られない状態でした。

アクセス権を付与する

そこで「ファイル」の「情報を見る」からアクセス権を付与してやります。まず右下の鍵マークをクリックして、管理者のパスワードを入力しロックを外します。それから左下の「+」マークをクリックします。

ユーザーを選択し追加

現在ログインしているユーザーを選びます。

アクセス権を変更

アクセス権に自分が加わりますが、「読み出し」しかできないので「読み/書き」に変更します。

アクセス権が付与されフォルダの中身が見られるようになった

これでフォルダ内が見られるようになりましたが、中のキーチェーンや PDF のファイルにもアクセス権がないので全部同様に操作しアクセス権を付与しました。

それで中身を確認してみたのですが、今年の e-Tax でキーチェーンは 3 つ必要で全部去年のものと同じでした。去年キーチェーンをインストールしている Mac ではキーチェーンを新たにインストールする必要はありません。

毎年 Mac で e-Tax を行うと何かしらのエラーに引っかかって時間が余計にかかりイライラしますね。

関連記事

コメント (8)

  • a

    すっごい感謝。 IC カードを読み込まず数時間。
    このサイトにたどり着き、無事解決しました。

  • あさこん

    ◇ a さん◇
    コメントありがとうございます。
    本当に IC カードリーダーが読めないエラーはいらつきますよね。
    e-Tax できたようで何よりです。

  • tareko

    あさこん様
    大変助かりましたー!
    OS X EL capitan で IC カードを読み込まず同じ箇所でウロウロ・・・・
    血管切れるかと思った時にこちらの記事に助けられました!
    ありがとうございました!!!!

  • takamac

    e-tax には毎年悩まされます。
    今年は特にカードリーダーが読み込めず、新しいのを買いました。
    それでもダメでようやくここにたどり着き,無事送信することができました。
    ありがとうございました。

  • あさこん

    ◇ tareko さん◇
    コメントありがとうございます。
    本当に e-Tax 、イライラしますよね。
    無事に提出できてよかったです。

  • あさこん

    ◇ takamac さん◇
    コメントありがとうございます。
    新しい IC カードリーダーまで購入されてしまったとは!
    あのエラーはカードリーダーが壊れたと思っても不思議じゃないですね。
    カードリーダーが動作しているかは JPKI 利用者ソフトで
    マイナンバーカードを読み込んでみるとわかりますよ。

  • あっこ

    jizeninstall pkg が開けず困っていましたが、無事開けました。ありがとうございます。

  • あさこん

    ◇あっこさん◇
    コメントありがとうございます。
    無事にルート証明書がインストールできてよかったです。

コメントを書く

トラックバック URL