0

どうも、おひさしぶりでございます。修論の製本用原稿を宅急便で提出し、どっと疲れが出てうだうだしてたのも束の間、父と母がやって来て家の中を大模様替えの真っ最中でございます。 4 月から両親もこの家に住むから荷物を入れるスペースをつくっているのです。荷物大処分中。(コタツとか勉強机とか照明器具とかガスコンロとか必要な方いらっしゃいましたら、送料を負担していただければお譲りします。メールかコメントください。)今までのようにやりたい放題というわけにはいかなくなり、わたしも寝室を追い出され、 1 階の 6 畳和室に詰め込まれますよ。

B000JMJY38まあ、そんな私的なことはどうでもよくて、おととい注文した PLANTRONICS の Bluetooth ワイヤレスヘッドセット VOYAGER 510WS が amazon から届きました。これで、ハンズフリーで Skype ができるはず。
買うときにいろいろ迷って、安いコード付きのでもいいと思ったんだけれど、 Mac でその商品を使う場合は、いくら音声入力端子があってもマイク端子に対応していないので、小さな音は拾えないらしく、 USB 経由で入力しなくちゃいけないらしい。こういう変換アダプタが必要になるのです。それが、ヘッドセット本体より高いというのだから困ったものです。
まあ、わたしは USB オーディをプロセッサを持っているので、それのマイク端子とヘッドフォン端子に繋げばもんだいないんだけれど、いちいち差し抜きするのが面倒。あとコードが短いと部屋の中をうろうろするのに不向き、というわけで、 Bluetooth のワイヤレスヘッドセットを買うことにしたのです。
なんと Skype 側でスカイプの音のみヘッドセットに出力するというようなことができるらしいのですよ。だから iTunes の音は USB オーディオプロセッサを通してステレオのスピーカーから、 Skype の音はヘッドセットからなんてことができるのであります。

で、どのヘッドセットにしようか迷っていました。候補に挙がったのは以下の 3 つ。
・ Plantronics Explorer320
・ PLANTRONICS VOYAGER 510WS
・ Plantronics Discovery640
下に行くほど値段が高くなる。全部 Plantronics というメーカーだけれど、このメーカーは初めて人類が月面着陸した際に宇宙飛行士が使っていたヘッドセットをつくったメーカーで、この業界では有名らしいです。
わたしはメガネ常用者なので、できれば耳にかける部分がなくても済む Plantronics Discovery640 がよかったのですが、いかんせん値段が高い。そのかわり 9 g と軽くマルチペアリングができるんですけれど。 Explorer320 でもよかったのですが、なんとなくデザインが気に入らないのと、イヤーピースがワンサイズしかないようで、耳の穴が小さいわたしにはちょっと心配だったのです。で、真ん中をとって VOYAGER 510WS にしました。 amazon のレビューにメガネ常用者は長時間使用すると痛くなるみたいな書き込みがあったので少し迷ったのですが、実物を見てみたら、耳の後ろの通信部分とヘッドセッドの部分をつなぐ部分がしなやかに動くので、眼鏡をしていても気になりません。神経質な人はダメかもしれませんが。それより問題なのは、わたしは耳の穴もそうですが、耳自体も小さいので、ヘッドセットが耳にうまく引っかからず、浮いた状態。まあ、イヤホン部分が耳の穴の部分で止まっているから落ちるということはないと思いますが、耳の小さな人はサイズを確認してからの方がよいでしょう。
イヤーピースは 3 サイズついていて、自分の好きなサイズが選べます。取り外しも簡単。もちろんわたしは一番小さいものをつけました。そして、当たり前ですが、イヤフォンとマイク部分が回転して左右どちらの耳にもつけることができます。わたしは左耳派。

Mac とのペアリングですが、「環境設定」から「 Bluetooth 」を選び、まず Bluetooth を入りにする。それからメニューバーに表示を選んだ方が便利でしょう。そして「ディバイス」タブを選び、「新規ディバイス」を設定をクリックすると、設定アシスタントが出てきます。ヘッドセットを選んでヘッドセットを検索中のときに、 VOYAGER 510WS の電源をいれ、説明書通りのペアリングの方法をすると Mac にきちんと Mac に登録されます。「環境設定」の「サウンド」の入力と出力にもきちんとヘッドセットの名前が表示されるか確かめてみましょう。
ということで、とりあえず iTunes の音楽を聴いてみたけれど、ステレオのスピーカーの音に慣れてしまっているわたしには聞くに堪えない音でした。音楽はヘッドセッドで聴くもんじゃないです。音質としてはラジオの AM みたいな感じ。

Skype の音のみヘッドセットから出すには、 Skype の「設定」から「音声」を選び、そこで出力、入力ディバイスを希望のヘッドセットに設定します。呼び出し音は内蔵スピーカーにしてみた。ステレオの電源入れてないときあるし。

さて、肝心な音声通話の音質をリポートしたいのですが、まだ Skype する相手の準備ができていないので、音声テストサービスに電話をかけてみました。音楽向きではないけれど、肉声を聞き取るなら十分。普通の電話並みです。自分の声をテストで入力してそれもちゃんと聞き取れたので OK なのです。
準備はできた。早く Skype かかってきてくれ!

関連記事

コメントを書く

トラックバック URL