トイレのうず

OS X Mavericks にアップグレードする際に、 Mountain Lion をディスクイメージにバックアップを行ったのでその方法をメモ。空いてる HDD がない場合など手軽でいいかもしれません。

OS のディスクイメージへのバックアップはディスクユーティリティで行います。

ディスクを検証する

まずはバックアップする OS とは別の OS から起動し、ディスクユーティリティでディスクを検証します。

わたしの場合は、 Mac mini に Snow Leopard と Mountain Lion が別々のパーティションにインストールしてあり、今回は Mountain Lion のバックアップを取りたいので、 Snow Leopard から起動して、 Mountain Lion がインストールしてあるパーティションを検証しました。 OS が複数インストールしてない場合は、 OS のインストール・ディスクや復元パーティションにて OS を起動して検証してください。 option キーを押しながら Mac を起動すると、起動する OS を選べます。

ディスクユーティリティでディスクの検証をする

ディスクイメージにバックアップする

新規イメージにてディスクイメージを作成する

バックアップするパーティションを選択した状態で「新規イメージ」をクリック。名前を適当につけて、場所は空き容量がたくさんある外付け HDD などを指定するのがよいと思います。イメージフォーマットにて圧縮や暗号化などが指定できます。今回は容量を少なくバックアップを取りたいので圧縮を選びました。

バックアップのディスクイメージの作成中

イメージディスクを作るのに圧縮を指定したからか結構時間がかかりました。

バックアップ前は 22.07 GB だったのが 10.01 GB になりました。

圧縮を選択すると容量がかなり減る

バックアップを検証する

ちゃんとバックアップができているか検証します。

ディスクユーティリティの画面でバックアップで作成したディスクイメージを選択して、メーニューより「イメージ」→「復元するイメージをスキャン」をクリック。

ディスクイメージのチェック

バックアップのディスクイメージから OS を復元する方法

ソースにバックアップのイメージディスクを、復元先に OS を動かしたいパーティションを指定します。「復元先を消去」のチェックがついているのを確認します。

ディスクイメージから OS を復元する

これを逆に指定するとバックアップが吹っ飛ぶので慎重に。

また OS をクリーンインストールした場合など、移行アシスタントでこのバックアップのディスクイメージからデータを移行することもできます。

*参考*
→ Inforati : Mac のシステム全体をディスクイメージに圧縮バックアップする方法

関連記事

Time Machine で NAS にバックアップ
Mac
thumbnail
iPhone のバックアップ先を外付け HDD に変更する方法
MaciPhone
iPhoneバックアップファイルの場所
クラウドへの写真データのバックアップを検討する
MacWebサービスカメラ
thumbnail
携帯万能を買った【 Mac 版】
Mac携帯電話・格安SIM
携帯万能17
DropBox のベータ版を使って容量を 5GB 増やしてみた
MacWebサービス
DropBoxインストーラー
Mac mini をアップグレードした。 Snow Leopard に…
Mac
Snow Leopard にアップグレード