トイレのうず

販売店の修理窓口で新品バッテリーを買ったら 2 万くらいかかるといわれ、だったら新しい Mac を買う足しにしたほうがいいんじゃないかなどと考えていたのだけれど、結局 Apple のコールセンターに電話して、在宅自己交換修理にてバッテリー交換にしました。税込みで 15,540 円でした。

オークションやネットの Mac 用品取り扱い店などで、わたしの Power Book G4 Titanium の充電池は OEM でも 18,000 円くらいしていたし、原因はわかっていたので Apple に電話して正解でした。

でも、最初に在宅自己修理でといわなかったので、あやうくサポート料金を 5000 円ほど取られるところでした。危ない。

もし、最新の Power Book G4 アルミニウムでバッテリーがへばっていると感じているのだったら、 Apple Store for Education で新しいバッテリーを購入した方が安くつきます。学生ならばの話ですが。

関連記事

PowerBook G4 バッテリー到着、在宅自己交換修理
Mac
在宅修理宅配箱
新生 PowerBook G4 が帰ってきた
Mac
thumbnail
さよなら PowerBook G4
Mac
PowerBook G4 修理へ
おかえり PowerBook G4
Mac
ベゼルひび
PowerBook G4 を修理に出してきました
Mac
thumbnail
PowerBook G4 帰還!
Mac
thumbnail

コメントを書く