ぼやき

0

Echofon を 7.2.6 にアップデートしたら、起動時にアプリが落ちるようになりました。 iOS 5.1.1 です。 iOS をいい加減アップグレードしろよ、という感じなのですが。なので Mac にある古い Echofon にバージョンダウンすることにしました。

最新バージョンで Echofon が起動しない

1. Mac の中の古いバーションを退避させる


Mac にバックアップしてある古いバーションをデスクトップなどに退避させます。場所はデフォルトなら下記の場所にあるはず。

ユーザー / ミュージック /iTunes/Mobile Applications/

古いバーションをデスクトップなどに退避

最新より 1 つ古い 7.2.5 がありました。

アップデートして iPhone と同期させていたら、ゴミ箱に入っているはずです。(ライブラリを NAS に置いている場合はゴミ箱に入らないので注意してください。)

2. Mac の iTunes で iPhone を同期させる


これで Mac のバックアップも最新版になりました。

iTunes と iPhone を同期させると新しいバーションになる

3. Mac で退避させたアプリをダブルクリックする


Mac でデスクトップなどに退避させた古いバーションのアプリ「 Echofon 7.2.5.ipa 」をダブルクリックします。

退避させた古いバーションをダブルクリックするとアラートが出る

「新しいバーションの App”Echofon”がすでに iTunes ライブラリにあります。現在移動中の項目で置き換えてもよろしいですか?」

以上のようなポップアップが出るので「置換」をクリック。

4. iPhone 上の Echofon を削除

iPhone 上からアプリを削除

iPhone 以上の Echofon を削除します。(アプリ内のデータは消えてしまうようなので、アプリ内部にデータがあるアプリはこの方法はやめた方がいいです。)

5. 再度 Mac の iTunes で iPhone を同期させる


再度 iTunes と iPhone を同期させます。このとき古いバーションのアプリ(この場合は Echofon 7.2.5.ipa )が iPhone へコピーされます。

古いバーションで起動できるが内部の情報は消える

無事 Echofon が起動できました。けれどユーザー情報などは消えてしまっているようなので、アカウントの設定からやり直しです。

関連記事