トイレのうず

あさこんはアトピー持ちです。でも今は随分改善したので、すっぴんでもぱっと見アトピー持ちには見えません。でも、なんだかわからない物質に反応して瞼の上がかゆくなるのです。実体験を元に、シャンプーも石けんに、ボディーソープなんてもってのほか、洗顔料なんてもう 10 年以上使っていません。全部石けんです。でもどの石けんでも良いわけではないみたいなんです。以前にも石鹸は石けん素地 98% 以上のものを使うことにしている、と書いたのですが、義母が買ってきてくれたシャボン玉浴用石鹸に変えたら肌の調子がいい。

夜の間掻きむしってしまうためかゆみ止めの飲み薬も飲んでいたので、引っ越してきてから紹介状を持って皮膚科へいったのだけれど、皮膚科の受診料が高い。以前の病院の 2 倍だ。その上、引っ越し前までは、 1 日 2 錠で 1 か月処方してもらって、 1 日 1 錠を飲み 2 か月に 1 度病院へ行くというペースだったのだ。しかし、今度かかった病院は融通が効かないらしく 1 か月分の薬しか処方してくれない。なので単純に計算して皮膚科の受診料が 4 倍になったことになる。う〜ん。

それで、試してみたんです。飲み薬なくてももう大丈夫なんじゃないかと思って。そうしたら、石鹸を変えた効果なのか飲み薬なしでも充分やっていけることが判明。もう 2 か月くらい経つけれど大丈夫。 1 か月に 1 度皮膚科に行くのは面倒なんだよね。けど、シャボン玉浴用石鹸は高いから、コストパフォーマンスを考えて違う石鹸(ミヨシの家族のせっけん)を買ってきて使ってみたら、次の朝起きたら見事に掻きむしっていました。やっぱり、シャボン玉浴用石鹸があさこんには合ってるみたい。ミヨシの家族のせっけんも質の悪い石鹸じゃないんだけれどね。

それで、シャボン玉石けんのシャボン玉浴用石鹸とミヨシの家族のせっけんの成分を比べてみた。

・シャボン玉石けん シャボン玉浴用石鹸:石けん素地 99%
・ミヨシ 家族の石けん:石けん素地、オレイン酸、エチドロン酸、香料、 EDTA-4Na 、水

あさこんの皮膚はオレイン酸、エチドロン酸、香料、 EDTA-4Na のどれかに反応してるんだなぁ。家計を考えてミヨシの家族の石けんはダンナ用に、あさこんはシャボン玉浴用石鹸を使うことで落ち着きました。

だいぶ症状も落ち着いているので、塗り薬の軟膏ももう一段濃度の低いものに変えようかと思っています。引っ越し前の病院で間違えて処方された濃度の薄いのがまだたくさん残っているので。

関連記事

ミヨシのそよ風を使って EDTA が体質に合わないことが判明
ナチュラルクリーニング・洗濯健康
thumbnail
皮膚科と石鹸の話
健康
thumbnail
アトピーと椿油
健康
thumbnail
ラナケインがアトピーを悪化させていた!
健康
ラナケイン
石鹸シャンプー、その後
健康
thumbnail
今使ってる基礎化粧品とか洗剤とか
ナチュラルクリーニング・洗濯健康
化粧石けんシャボン玉浴用

コメント (4)

  • つぼ

    何年も前の記事にコメント失礼。
    自分も昔からシャボン玉石鹸を使っているものですが、「シャボン玉浴用石鹸」がお高く感じられるようでしたら、「純石けん シャボン玉」をお使いになられると良いかもしれません。
    本来は洗濯向けなのですが、中身はほぼ同じです。同じ価格で倍の量が買えますよ。

  • あさこん

    ◇つぼさん◇
    コメントありがとうございます!
    シャボン玉せっけんいいですよね。
    「純石けんシャボン玉」のご紹介ありがとうございます。
    シャボン玉石けんの石けんは何にでも使えるのがいいですよね。
    近くのドラックストアで「シャボン玉浴用」が 3 つで 248 円なので、
    それが手に入りにくくなったら検討してみます。

  • ずずき

    アトピー程ではないけれど、皮膚がアレルギー体質の者です。
    いつも風呂用に無添加石鹸を使っておりますが、補充のため今日ドラッグストアでミヨシ石鹸を買いました。
    間違って微香性のものを買ってしまったのですが、微香性なら大丈夫かと思い使用したところ、広範囲に赤く腫れてしまいました。
    温泉に行ったような場合は普通に牛乳石鹸や、備え付けの液体シャンプーを使いますが、ここはで腫れたことはなく、これはただ事でないと思い、ネット検索してこの記事にたどり着きました。

    犯人は私の場合も EDTA でした。これがエチレンジアミン~という名前であろこと EDTA からは分かりませんよね。

    私はかなり前からパーマで頭皮がかぶれるようになり、染毛材であるジアミン系物質に対するアレルギー体質です。
    なのでこのミヨシ石鹸にも反応してしまったのですね。

    この記事のおかげで謎が解けました。

    ジアミン系の物質はアレルギーに成りやすいということが広く言われていて、この物質を繰り返し身体に暴露させると、よりリスクが上がるのが明白なのに、風呂用として毎日使用する石鹸に入れてしまうのは、どうしてでしょうか?
    規制して欲しいものです。

    私がジアミン系アレルギーになったのも、染毛だけではなく石鹸に入ってる EDTA による長年の暴露が原因かもれません。

  • あさこん

    ◇ずずきさん◇
    コメントありがとうございます。
    ずずきさんも EDTA アレルギーなんですね。
    本当に EDTA は色々な石鹸やシャンプー、化粧品、薬に入っていてとても厄介です。
    コンタクトの保存液にも入っていてコンタクトができなくなりました。
    そして染毛剤にも似たような化学物質が入っているのですね。
    髪を染めなくなってから 10 年以上経ちますが、
    そろそろ白髪が目立つようになってきたので白髪染めを考えていました。
    しかし同じような物質が入っているとなると染めないほうがベターな気がしてきました。
    情報ありがとうございます。
    ちなみにわたしは以前はミヨシの無添加なら大丈夫だったのですが、
    産後ミヨシの無添加でも肌がかゆくなるようになったので、現在はシャボン玉石けん一択です。
    ミヨシは EDTA 入りの商品も出しているので、
    生産ラインが共用で洗浄が不十分だと微量に混入していまうようです。

コメントを書く