ぼやき

4

今更、 OS を MacOS 10.3 ( 通称 Panther) にすることにした。動機は今日宅急便で届いた Toast7 TITANIUM の動作条件が Mac0S 10.3.9 以上だったから。今まで USB オーディオプロセッサーを通して録音するときに雑音が混じるので、 QuickTime を 6.3 以上にすることができなかった。必然的に OS も MacOS 10.2.6 で止まっていたのだ。今回オーディオプロセッサーを蹴ってでも OS を バージョンアップすることを選んだわけだ。

早速バックアップをとって初期化してインストールをスタートしたのはいいのだけれど、早くもつまずいた。わたしは日本語の辞書は ATOK を愛用している。これは Mac ユーザーになる前、 MS-DOS 時代から使っているので、そうそうほかの辞書になんて乗り換えられない。指が自動的にそう動くようになってるんだから。
さっそく ATOK15 をインストールしたものの入力メニューに出てこない! サポートには 10.3 までは動作しているって書いてあるのに! 解決方法はまだわかりません。う〜ん。 ATOK をインストールする前に 10.3.9 にアップデータしちゃったのがいけないのかな? もう一回インストールしなおさないといけないかな。う〜。

※追記 2005.10.9 11:00 am
何とか「環境設定」→「言語環境」→「入力メニュー」から ATOK が選べるようになりました。なぜ選べるようになったかは謎です。再起動の繰り返しがよかったのかなぁ(疑問符)。

関連記事

コメント (4)

  • まあく

    はじめまして。

    ひょっとして、こちらでしょうか?
    JUSTSYSTEM サポート FAQ [ATOK15 for Mac OS X]
    キーボードメニューの一覧に「 ATOK15 」が表示されない
    http://faq.justsystem.co.jp/faq/1003/app/jsfaq.jsp?2377+0029

    違っていましたら、こちらで解決策を探してみてください m(_ _)m
    JUSTSYSTEM サポート FAQ[ATOK15 for Mac OS X]トップページ
    http://faq.justsystem.co.jp/faq/servlet/index?SID=jsfaq&PID=0029&SC=12

    あと、 ATOK を最新の状態にしておきましょう。
    〜すでにご承知とは思いますが念のために書きました〜
    JUSTSYSTEM サポート ATOK15 for Mac OS X のアップデート
    http://support.justsystem.co.jp/faq/jspupdate.asp?pid=0029&sc=35

    長々とコメント失礼しました。

  • あさこん

    まあくさん、ご丁寧にいろいろとありがとうございます。
    インストールしたときは
    「環境設定」→「言語環境」→「入力メニュー」にも
    ATOK が現れない状態だったのですが、
    サポートサイトも読み尽くし、いろいろ試して諦めて最後に、
    もう一度「言語環境」を覗いたら、
    ATOK がチェックできる状態になってました。
    自分でもどうしたらそうなったのかよくわかりません。

    ほんとお騒がせしました、としか言いようがありません。
    ご親切にありがとうございます。

  • まあく

    わたしが 2005 年 10 月 09 日 10:33 にコメントを残した後に
    記事本文に追記くださったのと
    2005 年 10 月 09 日 10:58 のあさこんさんのコメントのおかげで
    状況がよくわかりました。

    あさこん さんがすでに十分ご承知のことを
    わたしは書き込んでしまったわけで……
    おせっかい失礼いたしました m(_ _)m

    結局 ATOK が選べるようになったんですね !!
    よかったです\ (^o^) /

  • あさこん

    まあくさん。
    おせっかいだなんてとんでもないです。
    詳しく状況も書いてないのにアドバイスしてくださって、本当に感謝です。
    もうちょっと早く作業経過を書ければお手を煩わせずにすんだのですけれど。すみません。
    いろいろリンクを探してくださってありがとうございます。

    ATOK 選べるようになってよかったです。
    昨晩はもう一度初期化からやり直さなければならないかと
    思っていたので本当に安堵です。

コメントを書く

トラックバック URL