ぼやき

0

さてさて確定申告が来週から始まりますね。といっても、納税者のほとんどが「給与所得者」である日本ではあまり関係ない話ですが。そう、何を隠そうあさこんも「確定申告」といっても、還付金の申請のためばかりで、所得の申告は 1 度もやったことないんですよ。でも、今年はやらないといけないんです。ダンナが稼いできたお金が「給与」ではなく「報酬」という形で支払われているので。

さて、確定申告初心者のあさこんですが、無謀にも e-Tax に挑戦してみようと思っております。もちろん 5000 円控除が目当てです。 e-Tax する上で最初に必要なのが本人を確認する「電子証明書」なるものなんです。一般個人で「電子証明書」を手に入れる方法は事実上「住基カード(電子証明書付き)」を市役所なりの住民課等で発行してもらうしかないのです。

住基ネットカードの取得

住基カードも何種類かあって、写真がついているのと付いていないの、そして電子証明書がついているのとついていないの。つまり 4 パターンあるわけです。 e-Tax する場合は写真は付いていても付いていなくてもいいのですが、電子証明書をつけてもらわなくてはなりません。(写真付きだと身分証明書として使えます。)住基カードの発行に 500 円、電子証明書の発行に 500 円、計 1000 円かかります。ちなみに、住基カードの有効期限は 10 年、電子証明書の有効期限は 3 年となっております。有効期限を統一してくれればいいのにねぇ。このあたりがお役所仕事らしいですね。

で、本日「住基カード」の申請に市役所にいってきたのですが、混んでました。たぶん e-Tax がらみでしょう。必要書類を書き終え並ぶこと 40 分。やっと順番が回ってきました。ダンナと共に一通り説明を受け、写真付きを希望したので、写真撮影。(といってもデジカメで白板を背景に撮影しただけですが。)そして、まずは住基カードのパスワード 4 桁を入力。そして、電子証明書のパスワード 4 文字〜 16 文字を入力して、ごにょごにょと職員の方がパソコンを操作してくれて発行していただけました。

事前に調べた情報だと、市町村によって住基カードに対応している IC カードリーダーが異なるということだったので、 IC カードリーダーの購入は住基カードの発行後、と思っていたのですが、対応してくれた職員の方が「電器屋さんでカードを見せて聞けばわかります」とあっさりしていたので突っ込んで質問してみました。

どうやら、住基ネットの IC カードには接触型と非接触型とその両方に対応した共用型(コンビ型)の 3 種類があるみたい。接触型とは、 IC チップが外側に出ているもの。地デジを見るときに必要な B-CAS カードもこの類に入りますね。非接触型とは Suica や WAON などの電子マネーのカードのことで、 IC チップが外側からは見えなくてそのかわりにアンテナが内蔵されているものです。運転免許証も非接触型に分類されると思います。今回発行していただいた住基ネットのカードは接触・非接触の両方に対応しているようです。

IC カードリーダー購入

さて、ここで問題が発生です。 IC カードリーダーは多く発売されていますが、 Mac に対応しているものといったら少ないんです。もう選択肢は NTT コミュニケーションズの 4 種類のみ。そして同じ IC カードなら、非接触の Suica などのチャージもできたらいいんじゃない? と思ったのですが、 NTT コミュニケーションズの非接触型を購入しても、ドライバは対応しているけれど、アプリケーションが対応していないので、 Mac からはチャージできない。ということで、スタンダードで値段もこなれている接触型の SCR3310-NTTCom を注文しました。 Mac で e-Tax もできると大々的にうたっていますし安心です。
【インタビュー】 e-Tax で税額控除も! IC カードリーダライタ導入の利点

平成 21 年分は Snow Leopard ではルート証明が対応していないため e-Tax は利用できません。
→ Snow Leopard (MacOSX 10.6) では e-Tax できない【 Mac で e-Tax 番外編】

2011.1.12
平成 22 年分は Snow Lepard からの e-Tax が可能です。
→ e-tax 、平成 22 年分は Snow Leopard(Mac 10.6) から OK !

2011.12.10
平成 23 年分は Lion からの e-Tax はできません。
→ Lion (Mac OS X 10.7) からは e-tax できない!

2013.2.19
平成 24 年度分は Lion 、 Mountain Lion からは e-Tax できません。 
e-Tax (平成 24 年度分) Mac OSX Mountain Lion 、 Lion は非推奨!

2014.1.13
平成 25 年度分は Snow Leopad (10.6) から Mountain Lion (10.8) までが推奨環境ですが、 Mavericks (10.9) でも e-Tax できます。
→ Mac での e-Tax (平成 25 年度分)は Mountain Lion まで。 Mavericks は非推奨!(たけどできます。)

IC カードリーダーが届いたら国税局の e-Tax のページから、書類の作成に取りかかりたいと思います。あらかじめ書類を作りたいと思って、「確定申告書作成コーナー」ページを見てみたのだけれど、電子証明書と IC カードリーダーがないと先に進めない仕様になっていて、この先どんな作業が待っているのかまったく未知なのであります。確定申告は期限内に完了するのでしょうか。それでは、次回「あさこん、 IC カードリーダーのドライバーのインストールに難儀する」でお会いしましょう!
→ Mac で e-Tax その 2 【 Mac のセットアップ編】

関連記事