トイレのうず

Hoster

Mac mini 2018 を買って OS が macOS Mojave (10.14) になってから Hoster が起動しませんでした。 Hoster は hosts ファイルを書き換えるアプリでローカル環境にドメイン名でアクセスすることができるようになるので、テスト環境を作るのに便利です。

32 ビットの古いアプリだし他のアプリに乗り換えようと思ったのですが、 hosts ファイルの権限を書き換えれば使えるようになるみたいです。

→ため息 ^2 ばかりのブログ: Yosemite で Hoster を有効に

ターミナルを開いて以下のコマンドを入力します。


:~ xxx$ cd /private/etc
:etc xxx$ sudo chgrp admin hosts
Password:
:etc xxx$ sudo chmod 664 hosts

無事に Hoster が起動できるようになりました。このサイトのちょこちょことした修正をローカル環境でテストできなかったので、本番サーバーをいじるという怖いことをしていたのもこれでやめられます。 32 ビットアプリなので macOS 10.15 Catalina にアップグレードしたら使えなくなりますが、当分このままでいこうと思います。

関連記事

El Capitan にて Wake On LAN で起動できない不具合【 Mac mini Early 2009 】
Mac
com.apple.PowerManagement.plist の値を1にする
MobileMe を更新しないことにした
MacWebサービス
thumbnail
macOS Sierra 10.12 と Safari 10 にて e-Tax で確定申告する準備と注意点
Mac
平成28年分e-Tax推奨環境
MAMP でバーチャルホストを設定して複数ドメインで運用する方法
Mac
MAMPのポート設定
わたしなり Mac から e-tax で青色申告のまとめ
Macお金・確定申告
確定申告書等作成コーナー
【ログイン試行をブロックしました】 Gmail が Mac の Mail.app で受信できない
Mac
「ログイン試行をブロックしました」