トイレのうず

SwitchBot開閉センサーの取り外し方法と防犯対策

当記事はアフィリエイト広告を掲載しています。

SwitchBot の開閉センサーを取り外し実家の玄関ドアにつけ直し、防犯のために SwitchBot のボットやカメラを追加した話です。去年 12 月の話です。

実家のトイレにつけて役に立った SwitchBot 開閉センサー

去年 10 から 11 月にかけて父が連続で倒れたとき、 2 回目の入院後に見守り強化として実家のトイレに SwitchBot の開閉センサーを追加しました。 

このおかげでセコムの見守りサービスより早く異常を検知でき病院に搬送することができました。しかしもうひとり暮らしは無理なので受け入れてくれる施設を探して入居してもらいました。したがってトイレにつけた開閉センサーの役目は終わりました。

ということでこれからは見守りではなく留守宅の警備用として SwitchBot の開閉センサーを玄関の扉に移設することにしました。

→ SwitchBot : SwitchBot 開閉センサーの取り外し方法

上記の公式ページによると左右にねじって取り外すようです。

→ karia の日記 @ Alice::Diary : Switchbot 開閉センサーをキレイに取り外す方法

上記のページによるとドライヤーで温めると取り外しやすいようです。シール剥がしようのヘラがあるとなおよいようです。

SwitchBot 開閉センサーをきれいに取り外す方法

SwitchBot 開閉センサーを上へ引き抜く

トイレの内側に取りつけた SwitchBot の開閉センサーです。開閉センサーを上に引っ張って本体を取り外します。

電池のフタだけになった

本体を取り外しで電池カバーだけ残ったところです。

ドライヤーで温める

ドライヤーで温めます。

磁石部分をひねって取る

左にねじると磁石部分が取れました。

同じくドライヤーで温めて本体のフタ部分もひねって取る

さらにドライヤーで温めてねじると本体の電池カバーも取れました。

跡形なくきれいに取り外せた

取りつけて時間があまり経っていなかったからかきれいに取り外せました。

SwitchBot 開閉センサーについてる両面テープ

SwitchBot 開閉センサーに付属していた両面テープは 3M の VHB

息子の部屋に開閉センサーを取りつけたとき撮影した写真をみると、 SwitchBot 開閉センサーの両面テープは剥離紙が白い 3M の VHB のようです。

Amazon の商品画像を見ながらそれっぽい両面テープを探し出しました。

これです。

Amazon の商品画像から同じ両面テープを購入
両面テープの剥離紙の印字が同じ

SwitchBot のボットの両面テープと比べても同じです。

両面テープのサイズを計り同じサイズに両面テープを切る

取り外した開閉センサーについていた両面テープを剥がし、購入した両面テープを同じサイズに切ります。

新しい両面テープを開閉センサーに貼ったところ

3M の両面テープを貼りつけたところ。

脱脂して開閉センサーを玄関ドアに貼ったところ

玄関ドアをパーツクリーナーで脱脂して開閉センサーを取りつけました。

防犯のために SwitchBot ボットで照明を自動でオンオフ

SwitchBot ボット

SwitchBot ボットも購入しました。これは物理的にスイッチが押せるアイテムです。

SwitchBot アプリから「デバイスの追加」から「ボット」を追加し追加するボットを選択し「次へ」をタップ

SwitchBot のアプリの右上の「デバイスの追加」をタップし、「ボット」をタップ、表示されている「 Bot xx 」を選択し「次へ」をタップします。

名前等をつけて「設置を開始」をタップ

デバイス名等を設定し「次へ」をタップする。「次へ」をタップし、「設置を開始」をタップする。

モードは「スイッチ」を選択

付属品が揃っているか確認し「次へ」をタップします。今回は照明のスイッチにつけるので「スイッチモード」を選択し「確認」をタップします。さらに「確認」をタップします。

指で押さえてスイッチが押されるかテストする

設置のガイドが表示されます。ボットに引っ張るパーツを取りつけます。剥離紙を剥がさないで手で押さえてスイッチが押されるかテストします。

引っ張りパーツを貼りつけ反対の動作もするかテストする

引っ張りの専用パーツを貼りつけて正常に動くかテストします。「使用開始」をタップします。

スイッチプレートの手垢をきれいに掃除してから脱脂して SwitchBot ボットを貼りつける

これを手垢で汚れたスイッチプレートをきれいにして脱脂してから貼りつけました。

SwitchBot のホーム画面に追加された

SwitchBot のアプリに「 1 階リビング照明 Bot 」が追加されました。タップして「詳細設定」をタップします。

「詳細設定」をタップすると近くのハブミニに接続するか聞かれるので設定する

ハブミニに接続するように促されるので近くのハブミニを選択します。ハブミニがないとオートメーションで操作することができません。

SwitchBot ボットをスイッチの左側に取りつけたのでオンオフが逆だったのでモードから反転させる

手動でも操作しやすいようにボットをスイッチの左側に取りつけたらオンとオフが逆だったので、設定の「モード」の「スイッチの ON/OFF を反転」をオンにしました。

こんなふうに自動でスイッチがオンオフできます。

日の入り前 30 分に点灯し 22 時頃消灯するオートメーションを作成

日の入り前に点灯するシーンと消灯するオートメーションを作成しました。リビングの光が玄関横のスリガラスから漏れるので人がいるっぽく見えます。

SwitchBot カメラを追加

玄関ホールに SwitchBot カメラを設置

玄関の出入りを確認するために SwitchBot カメラも追加しました。

あとは SwitchBot のアプリで動作検知をオンにして通知を送るようにすれば OK です。以上 SwitchBot の開閉センサーの取り外し方法と SwitchBot を使った防犯対策でした。

関連記事

【真冬】 SwitchBot の温湿度計で就寝時の室温を 1 ℃の範囲で一定に保つ【オイルヒーター編】
育児家電
SwitchBotのハブミニと温湿度計
SwitchBot 開閉センサーで息子の寝室の照明とエアコンのオンオフを自動化
家電
SwitchBot開閉センサー
加湿器の湿度センサーが狂ったので SwitchBot の温湿度計で制御してみた
家電
アイリスオーヤマの加湿器HDK-35の湿度がドリテックの温湿度計より10%高い
SwitchBot プラグで加湿器のオンオフをスケジュール
家電
SwitchBotプラグ
1 階の加湿器も SwitchBot の温湿度計で制御する
家電
SwitchBot 温湿度計
和室奥 6 畳の続き間も照明を音声操作できるようにした
家電
Aiwode照明リモコンスイッチ