トイレのうず

倉敷滞在中、市外局番 052 から着信あり。絶対、 Mac の修理の電話だと確信したわたしはその場でかけ直した。やはり、名古屋の修理に出した販売店の修理センターからの電話だった。 PowerBook G4 が修理から帰ってきたらしい。宅配するか引き取りに来るかの確認の電話だった。宅急便で送ってもらうのも心配なので店まで引き取りに行くことにした。それが今日ってわけ。
京都から名古屋までは高速バス。久しぶりの路線だったからか、座席の前後の間隔がヤケに狭く感じたな。名鉄バスセンターから名鉄バスで矢場町。そこから歩いて大須のお店へ。
元気になって帰ってきた PowerBook G4 を受け取る。どこを手術したか聞いたら、ロジックボード交換と DVD ドライブを取り替えたらしい。おいおい! またロジックボード交換ですか! これで 2 度目。めちゃ壊れやすいやん。メモリーのエラーが出ていたのはメモリーが悪かったわけではなく、メモリーの受け手側が壊れていたとの報告。そして、 DVD ドライブの方は異音がしたから交換したとのこと。う〜ん、確かに DVD 読み込まなかったりしたことあったなあ。あんまり気にしてなかったけど。
というか、ロジックボード、 DVD ドライブ、 3 月にはバッテリー、そして自分でハードディスク、と買ったときとほとんど中身が全部変わっているような。
ちなみに修理代は全部保険でまかなえた。本当に購入時に、 7000 円払っておいてよかった。 2 回の修理で 10 万円以上かかっているところだった。
しっかし、今から内蔵ハードディスクを純正から増設したのに戻さなきゃならないの面倒だな。家に戻ってからでいいか。

関連記事

新生 PowerBook G4 が帰ってきた
Mac
thumbnail
PowerBook G4 在宅自己交換修理
Mac
thumbnail
不調を訴える PowerBook G4
Mac
thumbnail
さよなら PowerBook G4
Mac
PowerBook G4 修理へ
PowerBook G4 バッテリー到着、在宅自己交換修理
Mac
在宅修理宅配箱
PowerBook G4 故障
Mac
Apple Store, Nagoya Sakae